6 Minute English
A dry January?
EPISODE 180118 / 18 JAN 2018


クリスマスに暴飲暴食をした後、多くの人が1月になるとお酒を止めようと決意します。それで何かいいことがあるだろうと期待して。しかし、禁酒する本当の効用とは何でしょう。また、たった一か月で十分なのでしょうか?

ロブとキャサリンは酒を控えることや素面でいることについて議論します。そして、その二つの言葉や他にも幾つか飲酒に関連した語彙を説明します。たったの6分間で。

[台本]

ロブ:こんにちは、6 Minute Englishへようこそ。この番組がお届けするのは、興味深い話題や本格的な聞き取り練習そして語彙で、皆さんの語学力向上に役立ちます。僕はロブ…

キャサリン:そして私はキャサリン。今回の番組で私たちが話し合うのは飲酒を止めること、そして素面でいることです。

ロブ:そう。‘quitting’と言うのは「やめる」という意味。そして‘drinking’と言うのは、とりわけ「酒類を飲む行為」を指しています。

キャサリン:その通りです、ロブ。

ロブ:でも、乾燥を維持するとは何だろう? 気候とは関係ないのかな?

キャサリン:ええ、関係ありません。形容詞の‘dry’はここでは「アルコール抜き」という意味。そして私は、ロブ、目下「1月の禁酒」を実行中です。

ロブ:そうだった。君の新年の決意は一か月間お酒を断つことだけど、何か理由でも?

キャサリン:ええ。私がこれをしているのは体調を良くして少々お金を倹約するため。そして'resolution'とはちなみに、何々をする、何々はしないという自分への誓いです。

ロブ:なるほど、それはもっともな理由に聞こえるね。さてまずは、いつも番組を質問から始めるという僕らの決め事を守らなきゃ。では、準備はいいかな、キャサリン?

キャサリン:ええ、さあ進めて、ロブ!

ロブ:よし、世界保健機関の2015年の資料によると、どの国が一人当たりで最も多くアルコール飲料を消費しているでしょうか? それは…

a) オーストラリア
b) フィンランド
c) チェコ共和国

キャサリン:どれもすごくありそうだけど、私は以前プラハを訪れたことがあって素敵な時間を過ごしたの。だから、c)のチェコ共和国にするわ。

ロブ:よしでは、いつものように正解はのちほど明らかにするとして、議論の方を続けよう。酒の摂取、砕けて言えば酒を飲むことや、それを止めようとすることについてだ。人は誰でも、お酒の飲みすぎは体に悪い恐れがあると知っている。それが君、キャサリンが断酒を決めた理由だ。でもたった一か月だけど。

キャサリン:ええ、わずか一か月だけど、それは始まりであって2月も続けるかもしれません。でもすでに効果を感じています。何とか少し体重が落ちました。その多くは実のところクリスマス中に増えたものだけど!

ロブ:ああ、分かるよ。'shed'はここでは単純に「減る」という意味。そして賭けてもいいが、素面は睡眠の改善に役立っているだろう。'Sobriety'はちなみに「酔っていない状態」のこと。

キャサリン:実際役立っているわ。それは私だけじゃない。サセックス大学のリチャード・ド・ヴィセル博士が成人の英国人857人に行った研究によると、一か月間お酒なしで過ごした後で、研究に参加した人の62%が睡眠が改善したと言っています。で、ロブ、これなら絶対禁酒して飲むのを止めようという気になったかしら?

ロブ:僕はならないな、キャサリン。飲酒は僕がリラックスして社交的になるのを助けるのに必要なんだ。僕がどれだけ内気か知ってるだろ!

キャサリン:ええもちろんよ、ロブ! あなたはキャサリン・グレイの話を聞いた方がいいでしょう。彼女は「素面でいることの予期せぬ喜び」という題の本の著者で、彼女がこれを書いたのは、仕事関係のパーティーに参加しすぎることの悪影響に気付いたためです。そこで彼女はお酒を飲みすぎていました。BBCラジオ4の番組「女性の時間」で彼女が話しています…

キャサリン・グレイ 「素面でいることの予期せぬ喜び」の作者
私はたくさんの社会不安を抱えていました。なので禁酒した時、それに対処しなければなりませんでした。私は飲酒を杖にしていたのだと思います。自信の支えに。それが豪勢できらびやかなパーティやそういった物に行く道のりを楽にしてくれていました。そして禁酒した時、私は真の自信を学ぶ必要があったのです、ある意味で。

キャサリン:キャサリンは雑誌業界で働いており、そこではお酒の出るパーティにたくさん出ることがつきものでした。飲酒は、彼女によれば、見知らぬ人と会う時に感じていた緊張や不安な気分に対処する役に立っていました。彼女はそれを社会不安と呼んでいます。

ロブ:そう。そして彼女は飲酒を杖として使っていました。'crutch'はここでは、支えとして頼っている何かのこと。そして時に、人はそれに依存しすぎることがある。

キャサリン:ええ。で、ついに彼女は飲酒を慎むことを決意しました。それはつまり、楽しいけれど良くない事をするのを止めること。それで彼女はずっと気分が良くなりました。だからロブ、どうなの、ほんの30日間ちょっとお酒を止める意志力も持っていないの?

ロブ:ところがキャサリン・グレイによれば、それでは十分ではないようなんだ…

キャサリン・グレイ 「素面でいることの予期せぬ喜び」の作者
専門家によれば、新しい習慣が定着するには66日かかります。ですから私はいつも90日間やってみるように勧めます。30日は恩恵が得られる前の厳しい部分です。なぜなら66日を過ぎるとぐっと楽になり始め、あなた自身の気分も本当によくなり始めるからです。

キャサリン:そういうこと。定期的に行動をすること、つまり習慣が、定着するのに66日要します。そして‘bed in’の意味は「当たり前になって正しく機能し始める」です。

ロブ:さて、先ほど僕は質問しました。2015年に世界保健機関が出した資料によれば、一人当たりで最も多く酒類を購入している国はどこでしょう? それは…

a) オーストラリア
b) フィンランド
c) チェコ共和国

キャサリン:私はチェコ共和国だと言ったけれど、合ってる?

ロブ:合ってるよ、キャサリン。ドンピシャだ、お見事。どうやら、一人当たり純アルコール換算で14.1リットルを毎年消費しているようなんだ。

キャサリン:私が言ったように、チェコ共和国の人たちは美味しいビールを作っています。でも彼らは、ここが大事、あくまでそれをほどほどに飲んでいます。さて、ロブ、今日出てきた語彙に目を通しましょうか?

ロブ:もちろん。最初に取り上げ単語は'resolution'。これは何かをする又はしないと自分に約束すること。「キャサリンの新年の抱負はアルコールを丸一か月間飲まないことだった」

キャサリン:そう。そしてロブ、私はまだ続けてますよ。計画は何キロか'shed'して、健康になること。だから例えば、「ロブはケーキを食べないダイエットをした時に体重を大きく落とした!」

ロブ:ホントに? 僕は絶対にケーキを諦めたりしないけどね、キャサリン。でも、お酒を止める気にはなるかもしれない。'sobriety'が自分の健康に良いと知ってるから。それは「酔っぱらってない状態」という意味の名詞語。

キャサリン:さて次の言葉は'abstain'。その意味は「愉快だけれど自分に悪いある事をやらない」。なので、「ロブはケーキを食べるのを控える必要がある。もし彼が細身のジーンズを履きたいのなら」

ロブ:それはヒントをくれているのかな、キャサリン? さて、最後の言葉は実のところ2語です。'bed in'。その意味は「普通になって適切に動作し始める」。「新しいコンピュータシステムが定着するのにしばらくかかったが、今では完璧に稼働している」

キャサリン:それは素晴らしい。なぜなら今はネット上に行ってbbclearningenglish.com.で更なるBBC Learning Englishの番組を見つけることができるからです。今日の6 Minute Englishはこれでお終いです。お楽しみいただけていればいいのですが。じゃあまた。

ロブ:さよなら。

[ノート]

excess:過度・過剰・度を過ごす・不摂生・暴飲暴食
decide to:~することに決める・決意する・決断する
give up:諦める・断念する・やめる・見限る・~しないようにする
booze:<名詞>酒・アルコール飲料・酒宴・酒盛り・<動詞>大酒を飲む
in the hope that:~を願って・~を期待して
do good:善行をする・ためになる・役立つ
real:実在する・存在する・現実の・実際の・真の・本物の・基本的な
benefit:利益・利得・恩恵・便益
dry:乾いた・乾燥した・禁酒の
go dry:禁酒する
just:ちょうど・ただ~だけ・ぴったり・実に・全く・まさに・単に・わずか・はっきり言って・いったい・とにかく
abstain:控える・慎む・自制する・節制する・止める・絶つ・棄権する
sobriety:しらふ・酒を飲んでいないこと・禁酒・真面目
several:数個の・いくつかの・多くの
authentic:真正の・本物の・確かな・本格的な・正真正銘の・信頼できる:
listening:リスニング・聞き取り・傾聴
practice:練習・訓練・実践・実行・上達・熟練・行為・実務・慣行
improve:良くする・改良する・改善する・向上させる・高める・伸ばす
skill:技能・腕前・力量
language skill:語学力
quit:やめる・中止する・捨てる・離れる
quit drinking:酒をやめる
stay:継続する・~のままでいる・とどまる・滞在する
particularly:特に・とりわけ・個別に・非常に
refer to:言及する・触れる・指す
activity:活動・活発なこと・行動・働き・活気
alcohol:アルコール・アルコール飲料・酒
Exactly:その通り・まさしく
nothing to do with:~とは無関係である
weather:天候・気候
No that's true. :「関係はありません。(あなたの推測は)正しい」(日本語とは言い回しが逆転している)
currently:現在・現在のところ・目下・これまで
dry January:Dry January is a public health campaign urging people to abstain from alcohol for the month of January, particularly practised in the United Kingdom.(英語版wikipediaより)
resolution:決議・決定事項・決意・決心・覚悟
New Year resolution:新年の抱負・新年の決意
health:健康・健康状態・調子
save money:お金を貯める・貯金する・節約する・倹約する
promise:約束・誓約・誓い
seem like:~のように見える・~に思える・~のようだ
good reason:もっともな理由・妥当な理由・正当な理由・十分な理由
for now:今のところ・現時点では・差し当たり・ひとまず・とりあえず
keep up:維持する・保持する・継続する・保つ・守る
crack on:どんどん進める・ピシャリと叩く
data:データ・資料・事実・情報
World Health Organisation:世界保健機関は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国際連合機関)である。(wikipediaより)
consume:消費する・購入する・使い果たす
Australia:オーストラリア連邦(英語: Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。(wikipediaより)
Finland:フィンランド共和国、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。(wikipediaより)
Czech Republic:チェコ共和国、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハ。1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。(wikipediaより)
sound:~に聞こえる・~に思われる・~に感じられる
likely:~しそうだ・起こりうる・ありそうな・もっともらしい・ふさわしい
Prague:プラハは、チェコ共和国の首都であり、同国最大の都市である。人口は、約120万人。市内中心部をヴルタヴァ川(ドイツ語名:モルダウ)が流れる。古い町並み・建物が数多く現存しており、毎年海外から多くの観光客が訪れる。カレル大学は中欧最古の大学である。尖塔が多くあることから「百塔のプラハ」とも呼ばれる。(wikipediaより)
once:一度・あるとき・以前・かつて
lovely time:素敵な時間・楽しい時間・快適な時間
as always:いつものように・いつもと同じで・相変わらず
find out:見いだす・解明する・理解する・明らかにする・気付く・見破る・答を出す・謎を解く
informally:非公式に・口語で・砕けて
try to:~しようとする・努力する・試みる・装る
see:見る・目撃する・理解する・確かめる・調べる
例文see a direct threat:直接の脅威を感じる
例文see the benefits of:~の利益を享受する
manage to:何とかして~する・どうにか~できる
shed:(ここでは)落とす・減らす・削減する
actually:実際は・実は・本当に・実のところ
put on:(ここでは)体重が増す・太る
over:(ここでは)~の間中・最中・途中
lose:失う・なくす・落とす・負ける・減らす・減少する
bet:賭ける・請け合う・主張する・断言する・確信する
state:ありさま・状況・状態・事情
drunk:酔った
Dr Richard de Visser:Reader in Psychology (Psychology)(サセックス大学のサイトより)
University of Sussex:サセックス大学(英語:University of Sussex)は、イングランドのイースト・サセックス州ブライトン近郊、Falmer村にある1961年設立の総合大学。美しいキャンパスと学際教育が特徴の大学である。(wikipediaより)
find:出会う・見つけ出す・発見する・気づく・理解する
tempt:誘惑する・唆す・導く・誘いこむ・~する気にさせる・引き付ける
teetotal:絶対禁酒の・お酒抜きの
relax:くつろぐ・のんびりする・リラックスする
sociable:社交的な・人付き合いの良い・なごやかな
shy:内気な・恥ずかしがりの・気弱な・臆病な・疑い深い
Maybe you should:~した方が良いと思います
Catherine Gray:Author of The Unexpected Joy of Being Sober, which The Guardian says is admirably honest, light, bubbly and ‘remarkably rarely annoying’ (本人のツイッターより)
author:作家・著者・作者
The Unexpected Joy of Being Sober:amazonのページ 「Amazon Bestsellers Rank: 78 in Books」って、すごく売れているのでは?
Unexpected:意外な・思いがけない・予期せぬ・予想外の
joy:喜び・歓喜・満足
Sober:酔っていない・素面の・禁酒している・酒を慎んでいる・厳粛な
after:~の後で・~を追跡して・~に倣って・~したので
discover:発見する・見つける・分かる・知る・悟る
negative effect:悪影響・弊害・マイナスの影響
BBC Radio 4:長波・中波・FM(92-95MHz / 103-105MHz)・デジタルで放送。聴取者数は1084万5000人。ニュース・ドラマ・ドキュメンタリー・ガーデニングなど総合的な編成が組まれている。(wikipediaより)
Woman's Hour:Woman's Hour is a radio magazine programme broadcast on BBC Radio 4 in the United Kingdom.(英語版wikipediaより)サイトはこちら
social anxiety:社会不安
anxiety:不安・心配・心配事
deal with:取り組む・対処する・処理する
confidence::自信・信頼・確実性
crutch:松葉づえ・支え・助け・頼り・埋め合わせ
ease:緩める・和らげる・軽減する・楽にする
way:道・方向・経路・道筋・道のり・方法・手段・やり方
glittering:光り輝く・キラキラ光る・きらびやかな・華々しい・輝かしい
stuff:物・物事・事柄・シロモノ
in a way:~な方法で・ある意味で・ある程度
magazine:雑誌
business:商売・取引・業種・職種・業界
involve:含む・伴う・関わる・巻き込む
boozy:お酒の・酔った・酒浸りの・大酒飲みの・酒を伴う
例文boozy lunch:アルコール付き昼食
nervous:神経の・緊張した・神経が高ぶった・神経質になった・心配している
worried:心配した・不安な・悩んでいる・懸念する・気にする
new people:知らない人・会ったばかりの人
depend on:頼る・当てにする・依存する・~次第である
support:支えること・支持・支持物・支援・扶養・心の支え
rely on:頼りにする・当てにする・依存する
eventually:結局・最後は・いずれ・最終的に・ついに
in other words:言い換えれば・つまり
enjoyable:楽しい・楽しめる
come on:(文脈で)頑張れ・さあ早く・お願い・いいでしょ・やだなぁ・冗談はよせ・勘弁して 等
willpower:意志力・自制心
habit:習慣・癖・気質
bed in:(という熟語は辞書的に見つからない。「定着する」は勝手な訳語)
bed:寝る・床につく・載る・安定する・据わる・埋まる・はまり込む
recommend:勧める・推薦する・勧告する・助言する
try:試す・やってみる・試みる
hard:固い・困難な・難しい
bit:少し・わずか・小片・部分・しばらく
reward:報酬・恩恵・見返り・利益
regular:習慣的な・きちんとした・規則正しい・定期的な・不変の
normal:通常の・平常の・正常な・当たり前の
properly:きちんと・正しく・適切に・厳密に
Spot on:全く正しい・ぴったり
well done:うまい・お見事
Apparently:一見~のようだ・見たところ~らしい・どうやら~のようだ・明らかに
pure:純粋な・混じりけのない・生粋の
careful:気を付ける・注意する・用心する・几帳面な
moderation:適度・節度・中庸・穏健・緩和
in moderation:適度に・ほどほどに・控えめに
take a look at:目を通す・ざっと見る・ちらりと見る
mention:言及する・名を挙げる・触れる・述べる・話に出る
indeed:まさに・実に・本当に・全く・実に・確かに・もちろん
whole:全て含んだ・一体の・まる
plan:計画・予定・意向・意図
get fit:健康になる・体を鍛える
weight:重さ・体重・重み
-free:~が含まれていない・~を除いた
diet:食事・食生活・ダイエット
be tempted to:~したい気になる・~したくなる・~した方がいいと気になる
noun word:名詞語
skinny:ガリガリの・痩せこけた・骨と皮の
drop a hint:ヒントを与える・暗示する・ほのめかす
perfectly:完全に・完璧に
brilliant:輝かしい・立派な・素晴らしい・卓越した・優秀な
that’s all:以上です・それで全てです・これで終わりです・ただそれだけです・それが最後です
hope:望む・願う・期待する
Bye for now:またね・じゃあまた後で・次回お会いしましょう(for nowで今のところは、一時的に)
p05tkrkd
へー、世界一はチェコなんだ