6 Minute English
Hacking help for US elections
EPISODE 201015 / 15 OCT 2020


[前書き]

ドナルド・トランプ大統領が民主党の候補者ジョー・バイデンと対戦している2020年の合衆国大統領選挙は、様々な論議を呼んでいます。合衆国では多くの票が電子的に投じられ、また選挙の投票日にサイバー攻撃を受ける危険性を減らすために、ハッカーの協力を得る計画があります。ロブとサムはその取り組みについて話し合い、その中で皆さんに語彙をお教えします。

[台本]

ロブ:こんにちは。この番組は BBC Learning Englishがお送りしている 6 Minute Englishで、僕はロブ。

サム:そして私はサムです。

ロブ:合衆国の大統領選挙と言えば、中には他の年より印象的な選挙もあるよね。

サム:でも、今年11月の戦いほど物議を醸している選挙もめったにありません。現職のトランプ大統領対、民主党の対戦相手、ジョー・バイデンです。

ロブ:アメリカでは、多くの票がデジタル的に投じられている。投票日にサイバー攻撃がある恐れがあって、その結果に大きく左右されるため、合衆国の選挙管理人は憂慮している。

サム:今回の番組では、選挙へのサイバー攻撃を防ぐ計画についての話を聞きます。そこには、選挙管理人がとても変わった人たちと協力することが含まれています。ボランティアのハッカーです。ボランティアとは、自発的に報酬なしで働く人のことで…

ロブ:…そしてハッカーとは、コンピュータ・システムに許可なく侵入する人のことだ。情報を探したり、何か違法なことをするために。

サム:しかしハッカーによるサイバー攻撃だけが、公正で民主的な選挙への脅威ではありません。

ロブ:2000年の大統領選挙戦、アル・ゴア対ジョージ・W・ブッシュは、紛失した票を巡る再集計と論争を招く結果となった。ジョージ・ブッシュは、対戦相手よりも一般投票の得票が少なかったにもかかわらず選挙に勝利した、現代では初の大統領となった。しかし、何票少なかったのだろう? それがクイズ質問だ。2000年のアメリカ大統領選挙で、ブッシュはゴアよりもどれだけ少ない票を獲得したのだろうか? それは、

a) 50万票?
b) 100万票? それとも
c) 200万票?

サム:b)の100万票にします。

ロブ:分かった、後ほど確認しよう。さて、サムが触れた計画は当局の管理人が選挙の安全性を保つために専門家のボランティアと提携するもので、「選挙のサイバー活性化」と呼ばれている。

サム:BBCワールドサービスの番組「デジタル惑星」では、このプロジェクトの主催者マヤ・ウォーマンと会っています。選挙が干渉を受けないようにすることの重要性について議論するために。

マヤ・ウォーマン
選挙の基礎構造とは機械や情報の集合で、それで誰がどこで投票する資格があるのかを判断しますが、それを操作し妨げようとするいかなる企ても選挙権をむしばみます。またそれは有権者に負担をかけ、国民の信頼に影響を与えます。そして注目度の高い選挙、特に今度のような選挙では、いま私たちが話しているような種類のリスクを高めます。

ロブ:人が選挙で投票できるのは権利がある場合のみ、つまり必要な要件を満たして資格がある時だ。例えば合衆国の国民で18歳以上であるとか。

サム:その地域がサイバー攻撃や偽情報にさらされないようにするのは、全米各地の8,000ある地方管轄区域それぞれの責任です。そうしたリスクが高まっているのは、今回の選挙がとても注目されているためで、新聞や市民からの多大な注目や関心を集めています。

ロブ:サイバー活性化計画で専門家のボランティアが地元の当局者と連絡を取っている目的は、そうした危険性を防ぐことだ。これはあらゆる物事を取り扱っている。管理人がウイルス対策ソフトの最新版を確実に使うようにすることから、厄介ごとを起こす人によるもっと深刻な脅威についてまで。

サム:その事を実際に考えてみましたよ、サム。仮に私が選挙結果に影響を与えたがっている厄介者だとしましょう。そこで私はボランティアとして登録し、あらゆる種類の情報に接する権利を得ます。どうやって、登録したそのボランティアが信用できると分かるのでしょう?

ロブ:それはいい質問だね、サム。それにそれは、BBCワールドサービスの番組「デジタル惑星」でマヤ・ウォーマンにした質問でもある。

マヤ・ウォーマン
見込まれているのはボランティアが城の鍵を持つということでは決してなく、むしろ、彼らは選挙の管理人と率直な対話をすることになります。サイバーセキュリティの強化を追求するために、一般的にも具体的にももっと多くを知りたがっている管理人らとの対話を。

サム:ボランティアはサイバーセキュリティについての経験や技能に応じて慎重に人選されます。それはインターネットを介して行われる犯罪や攻撃に対し組織や国がそのコンピュータ情報を安全に保つのに役立つ対策のことです。

ロブ:ボランティアは選挙管理人と話をすることで専門的な助言を共有する。慎重に扱うべき情報に触れる権利が彼らに与えられることはなく、つまり彼らが城の鍵を持つことはないのだ。これは慣用句でその意味は、その持ち主に権力を使う権利を与えるような情報や知識を所有すること。

サム:その全てが意味するのは、2020年の選挙結果はきっと、うまくいけば、万人に受け入れられるということです。

ロブ:20年前の状況とは違ってね。

サム:ああ、それはクイズ質問のことですね、ロブ。2000年の合衆国大統領選について、ジョージ・W・ブッシュは対戦相手よりも少ない票を獲得したにもかかわらず勝利しました。

ロブ:僕が君に聞いたのは、その年、ブッシュはアル・ゴアよりどれだけ少ない票を取ったのかだ。

サム:そして私はb)の100万票だと言いました。 

ロブ:だが実際は、もっと僅差だった。わずか、a)の50万票だ。フロリダ州で。

サム:今回の番組では、合衆国の大統領選挙とその'cybersecurity'に目を向けてきました。それは、オンラインでの犯罪や攻撃から国家とそのコンピュータ情報を守るために講じられる措置のことです。

ロブ:サイバー活性化計画の目的は当局者を'volunteer'と接触させることで、それは無料で働く人々。彼らはまたちょうど、専門的な'hacker'でもある。つまり無断でコンピュータシステムに侵入する人だ。

サム:でもその考えは、選挙犯罪をするというものではありません。それどころか犯罪を防ぎます。投票をする'eligible'な、つまり資格のある人だけがそうするよう確実を期すことによって。

ロブ:このプロジェクトが発足したのは、2020年11月の選挙がとても'high-profile'になったためだ。つまり大衆や報道機関からの注目や関心をたくさん集めていること。

サム:そしてもちろん、ボランティア自身は注意深く選ばれています。'the keys to the castle'を持つことなく助言を与える公平な専門家になるように。これは、権力を利用する権利を与える情報を所有することに関する成句です

ロブ:確かなのは、世界がこの選挙に注目し続けるだろうことだ。だから、もしあなたが有権者なら投票するのをお忘れなく。

サム:そして、私たちの番組にまたすぐ参加することもお忘れなく。ではまた次回!

ロブ:さようなら!

[ノート]

presidential elections:(複数形なのは正副大統領選挙だからか、上院選を兼ねているからか?)
presidential election:大統領選挙
face:(ここでは)対戦する、対峙する、立ち向かう、ぶつかる、直面する
例文face the former champion:元チャンピオンと戦う
例文face each other in a presidential runoff:大統領選の決選投票で対戦する
candidate:候補者、立候補者
Joe Biden:ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア(Joseph Robinette Biden, Jr.、1942年11月20日 - )とは、アメリカ合衆国の政治家。民主党員。1973年から2009年までアメリカ合衆国上院でデラウェア州の代表を務め、2009年1月20日から2017年1月20日までバラク・オバマ政権で第47代アメリカ合衆国副大統領を務めた。2020年アメリカ合衆国大統領選挙での民主党の大統領候補で、現職のドナルド・トランプに対抗して出馬している。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
cause controversy:論議を呼ぶ、論争を巻き起こす、議論を引き起こす、物議を醸す
vote:票、投票
cast:(ここでは)票を投じる、入れる
例文cast a vote online:オンラインで投票する
digitally:デジタルで、デジタル的に
enlist the help of:~に協力を頼む
enlist:協力を求める、協力を得る、支援を仰ぐ、支持を得る、募集する
help:助力、助け、援助、支援、力添え
hacker:ハッカー (hacker) またはクラッカーとは主にコンピュータや電気回路一般について常人より深い技術的知識を持ち、その知識を利用して技術的な課題をクリアする人々のこと。また、コンピュータの「内側」を覗く人としても使用され、この内側を覗く行為が破壊行為あるいは不正アクセスを伴う場合は、ハッカーではなくクラッカーと言い換える事が提案されている。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
reduce risk:リスクを減らす
cyber-attack:サイバー攻撃、サイバーテロ、サイバーアタック
参考:サイバーテロ(英: cyber-terrorism)とは、ネットワークを対象に行われるテロリズムである。サイバー攻撃と呼ばれる場合もある。「サイバー攻撃」と呼ばれる場合は、概ねネットワークを介したクラッキング行為全般を指しており、思想信条を背景としたテロリストが行うテロ行為だけでなく、軍隊・情報機関による高度なクラッキング攻撃から、未成年者などの愉快犯が行う比較的軽度のものまで含まれ、その差異は定かでない。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
election day:選挙日、投票日、選挙投票当日
initiative:(ここでは)構想、戦略、取り組み、改善策、新計画
例文anti-obesity initiative:肥満対策の取り組み

When it comes to:~のことになると、~に関して言えば、~と言えば
dramatic:劇的な、ドラマチックな、ワクワクさせる、印象的な、芝居がかった
controversial:議論を引き起こす、論議の的になる、論争を呼ぶ、物議を醸している
contest:争い、闘い、抗争、政争、論議、競技会
current:現在の、最新の
rival:競争相手、対抗相手、敵
and with so much depending on the result,:(訳に自信なし。文脈からの憶測)
depend on the result of:~の結果次第である、~の結果によって決まる
参考depend very much on:~に大きく左右される
参考depend at least as much on ~ as on:…と少なくとも同程度に~に左右される
election official:選挙管理人
be worried:懸念する、悩む、心配である、気掛かりである
prevent:防ぐ、止める、阻止する、阻む、抑える
involve:含む
work with:共に働く、~と協力する、~と連携する
unusual:異常な、珍しい、変わった、普通でない、例外的な、見慣れない、独特な、他とは異なる
group of people:人々の集団、一団
volunteer:ボランティア、無償労務の提供者、任意行為者
willingly:喜んで、進んで、自ら進んで、積極的に、快く
without being paid:無報酬で
break into:押し入る、侵入する、入り込む乱入する、参入する、割り込む
permission:許可、許諾、認可、承認、同意
illegal:法で禁じられた、違法の、不法の、非合法の
threat:脅威、危険な存在、脅迫、脅し
fair:公平な、公正な
democratic:民主的な、民主制の、民主主義の
presidential race:大統領選挙戦
Al Gore:アルバート・アーノルド・ゴア・ジュニア(Albert Arnold Gore, Jr.、1948年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。通称はアル・ゴア(Al Gore)。環境問題の論客として知られる。下院議員、上院議員、ビル・クリントン政権にて第45代アメリカ合衆国副大統領を歴任した。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
George W. Bush:ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(En-us-George Walker Bush.ogg George Walker Bush[ヘルプ/ファイル], 1946年7月6日 -)は、アメリカ合衆国の政治家である。第46代テキサス州知事、第43代アメリカ合衆国大統領を歴任した。第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュは父。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
end in:~の結果になる、~に終わる、~な結末を迎える
recount:数え直す、再集計する
dispute:議論、論争、口論
ended in recounts and disputes over missing votes:(訳に自信なし。①'missing votes'とは何か? ②'missing votes'がかかっているのは'dispute'だけか、'recount'と両方か? この時はフロリダ州での票数があまりに僅差で、その集計の正確さに問題が出たと思うが、'missing votes'が何を意味しているのか不明。)
missing:見つからない、見当たらない、抜けている、行方不明の、紛失した
the first modern president:(wikipediaによれば、「一般投票で敗北し、選挙人投票で勝利した候補が大統領となるのは、ベンジャミン・ハリソンが当選した1888年の大統領選挙以来112年ぶり」とのこと。'modern'はいつ以降を指すのだろう?)
modern:現代の、今の、近代の、近世の
despite:~にもかかわらず、~をよそに
gain vote:票を得る
popular vote:一般投票
opponent:対戦相手、競争相手、対抗者、敵、反対者
win a vote:票を得る
find out:見いだす、解明する、理解する、明らかにする、気付く、見破る、答えを出す、謎を解く、調べる
project:計画、事業、企画、案、プロジェクト
mention:言及する、述べる、触れる、話に出す、口にする
official:当局の、公職の、公務の、公認した
administrator:管理者、管理人、行政官
team up with:~とチームを組む、協力する、提携する
keep ~ secure:~を保護する、守る、安全性を保つ
The Election Cyber Surge:('Surge'の訳に自信なし)
cyber:サイバースペースの、コンピューター・ネットワークに関する
Surge:大波、うねり、波動、押し寄せ、殺到、高まり、ほとばしり、急増、急上昇、急騰、躍進、活性化、電流や電圧の一時的な急上昇
例文economic surge:経済の活性化
例文surge of flame:炎のうねり
BBC World Service:BBC World Service:BBCワールドサービス(英語: BBC World Service)とは、イギリスの英国放送協会(BBC)が海外向けに放送を行っている国際放送のことである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Digital Planet: サイトはコチラ(番組名の訳は適当)
meet up with:会う、集まる
organiser:主催者、組織者、まとめ役、事務局
Maya Worman:(資料見つからず)
importance:重要性、大切さ、重大さ
free from:~ら免れている、~がない
例文keep ~ free from bacteria:~をバクテリアがいない状態にしておく
interference:干渉、妨害、障害、邪魔、支障、衝突
例文free from interference:干渉から自由で、干渉を受けることなく
attempt:試み、企て、攻撃、襲撃
manipulate:操作する、巧みに扱う、操る、コントロールする
interfere:邪魔をする、妨げる、遅らせる、干渉する
例文interfere with:~を妨げる、邪魔する、~に干渉する、口出しする
infrastructure:基礎構造、基盤、インフラ
machine:機械、仕掛け、道具、機構、仕組み、機関
information set:情報集合
determine:決心する、~を決定する、確定する、判定する、判断する、見極める
eligible:資格のある、適格な
be eligible to:~する資格がある、条件を満たしている、権利がある、ことができる
例文eligible to receive __ holidays per year:年間_日間の休暇を取る権利がある
undermine:土台を壊す、侵食する、傷つける、損なう、弱らせる、むしばむ、弱体化させる
right to vote:選挙権
put a burden on:~に負担をかける、負担となる
voter:投票者、投票する人、有権者、選挙人
impact:影響を与える、影響を及ぼす
public confidence:国民の信頼
high-profile:目立つ、人目を引く、注目を集める、注目されている、話題の
come up:(ここでは)近づく、やって来る
heighten:高くする、上げる、増加させる、強める
qualified:資格要件を満たした、資格のある、免許のある、認可を受けている、適格の
necessary requirement for:~のための必要要件
necessary:必要な、必須の、欠くことのできない、なくてはならない
requirement:必要条件、必須要件、前提条件
citizen:国民、市民
people aged __ and over:_歳以上の人々
up to:~の義務で、責任で
例文it's up to one to:~する義務がある
例文It's up to her to decide what to do next.:次に何をやるべきか決めるのは彼女しだいだ
each of:各、~のそれぞれ、~の各自
例文each of the parties:各当事者
local:地元の、特定の場所の、現地の、地方の、その地域の
jurisdiction:司法権、裁判権、管轄権、管轄区域
around the United States:全米各地の
misinformation:誤報、虚報、偽情報、デマ
coming:来るべき、次の
例文coming election:次の選挙、今度の選挙
attract:引く、引き込む、呼び込む、招く
attention:注意、留意、注目
例文attract attention:注目を集める、浴びる
interest:興味、関心、趣味
public:国民、市民、公衆、一般人
put someone in touch with:人に~と連絡を取らせる、人に~と接触させる、に紹介する
aim to:を志す、を目指す、を目標とする
cover:取り上げる、取り扱う、対象にする
make sure:確かめる、確認する、確実に~する
anti-virus software:アンチウイルスソフト、ウイルス対策ソフト
troublemaker:厄介者、問題児、問題ばかり起こす人、トラブルメーカー
Now that’s got me thinking actually,:(訳に自信なし。「それが私に実際に考え始めさせた」からの意訳。)
get A doing:Aに~し始めさせる
例文get someone's brain thinking of:~について人の脳に考えさせる
actually:実際に、本当に、実は、本当は、確かに
Suppose:もし~だったらどうだろう、仮定する、想定する、考える
例文Suppose the distance to be one mile.:その距離を1マイルと仮定してみよう
influence:影響を与える
sign up:参加する、登録する、契約する
例文sign up as members:会員として登録する
gain access to:~にアクセスする、~に接近する
access:近づき、接近、近づく方法、接近手段、利用する権利、入手する権利
trustworthy:信用できる、信頼できる、信頼のおける
put a question to:~に質問する
expectation:予想、期待、切望、待望
not like ~ but more like:~のようなものではなくむしろ…のようなものである
have the keys to the castle:(検索で見つからない)
castle:城、城郭
not by any means:決して~でない、全く~でない
have an open dialogue:率直な対話を行う
explore:探索する、調査する、探る、検証する、検討する、探求する
cybersecurity:サイバー・セキュリティー(インターネットなどのサイバースペースにおいて、システムの破壊、不正侵入、情報の流出、データの改ざんなどから保護するための対策)
enhancement:強化、増強、向上、改善、増進、増大、高まり、充実
in general:一般に、概して、通例
specifically:特に、明確に、はっきりと、具体的に
select:選択する、選定する、選抜する、選び出す
according to:~に従って、~によって、~に応じて、~に照らして
skill:技能、腕前、スキル
measure:手段、方策、対策、措置、行動
organisation:団体、協会、組織、機構
crime:犯罪、罪
attack:攻撃、暴行、襲撃
carry out:実行する、実施する、行う
through the internet:インターネットを使って、通じて、介して
share:分ける、分配する、共有する
expert:<形容詞>熟練した、専門的な、専門の
sensitive:繊細な、微妙な、公にしにくい、慎重に扱うべき、機密の
idiom:熟語、慣用句、成句
possess:所有する、保有する、持っている
possessor:所有者、持ち主
All of which:それら全て
hopefully:願わくは~だといいんだが、できれば、希望的には、うまくいけば、きっと
accept:承認する、承服する、認める、容認する、受け入れる、納得する
Unlike:~とは異なって、~と違って
secure:確保する、確実に手に入れる
even:さらに、なおさら、一層、もっと
close:近い、接近した、近接した、僅差の、際どい
in Florida.:(50万票は全国での総数の差で、フロリダ州だけではもっと少なかったはず。)
look ahead:前方を見る、将来を見越す、将来に備える、先のことを考える、目を向ける
例文look ahead into the next century:新世紀に目を向ける
look ahead to:見据える
take measures:措置を取る、対策を講じる
protect against:~から身を守る、保護する
online crime:オンライン犯罪
for free:無料で
who also happen to:(訳に自信なし。「偶然」ではないので)
happen to:偶然~する、たまたま~する、期せずして~する、図らずも~する
例文There happened to be nobody inside.:ちょうど中にはだれもいなかった
commit:(ここでは)罪を犯す、悪事をはたらく
election crime:選挙犯罪
rather:どちらかといえば、むしろ、それどころか
set up:設立する、設ける、開く、結成する、開設する、組織する、始動する、発足する
例文set up an ethics committee:倫理委員会を設立する、発足する
media:マスコミ、マスメディア
impartial:偏らない、公平な、公正な、中立的な
what is certain:確実なこと
will be watching:(未来進行形の訳し方について訳に自信なし。)
watch:見る、注意する、気を付ける、見張る、見守る、見物する、観察する、注目する
remember:覚えている、記憶にとどめる、思い出す
Bye for now:またね、じゃあまた後で、次回お会いしましょう 
p08tj79h
Wikipediaによると、2016年の大統領選では一般投票少数でトランプ氏が勝利し、加えて選挙人の誓約違反(一般投票の結果と異なる人への)投票が最多の7人あったと。今回はどうなるでしょう。