6 Minute English
Can jellyfish help us solve our problems?
EPISODE 201210 / 10 DEC 2020


[前書き]

科学的な研究で、海や大洋のプラスチック汚染にクラゲが解決策をもたらすかもしれないことが明らかになってきています。ニールとジョージナはこのゴムのような海の生き物がどう役に立つのかを学びます。

[台本]

ニール:こんにちは。この番組は BBC Learning Englishが送りしている 6 Minute Englishで、僕はニール。

ジョージナ:そして私はジョージナです。

ニール:海の中で暮らしているあらゆる奇妙で素晴らしい生き物の中で、もっとも不思議なのは恐らくクラゲだろう。このゴムのような円錐形の生き物は水の中を漂っていて、その後ろに長い触手がたなびいている。

ジョージナ:クラゲの種の中には評判が悪いものもいます。観光客を怖がらせたり、漁網を塞いだり、発電所のパイプを詰まらせたりさえするからです。

ニール:しかし、ますます多くのプラスチックゴミが最後は海に流れ込んでいるため、近頃では人もクラゲ同様にビニール袋にまみれることになりそうだ。現在、科学的研究によって、このゴムのような海の生き物が答えを与えてくれるかもしれないことが解き明かされつつある。プラスチック汚染の問題に対するねばねばした解決策を。

ジョージナ:今回の番組では、クラゲの粘液がどうやって海中のプラスチック廃棄物に対する解答を出せるのかを学ぶことになっています。そしてもちろん、その中で関連する語彙もいくつか学びます。

ニール:でも先ずは、僕のクイズ質問の時間だ。ジョージナ、君はクラゲがその針のせいで海辺に行く人たちを怖がらせていると言っていたけれど、クラゲの刺し傷の最適な治療方法は何だろうか? それは、

a) 氷を使う?
b) 塩を使う? それとも
c) 酢を使う?

ジョージナ:そうですねニール、私は以前クラゲに刺されたことがあるんですが、それを手当てする一番の方法は、c)の酢を使うだと思います。

ニール:分かったよジョージナ、それが正しかったかは後ほど明らかにしよう。さて、僕が言ったように、近年ではプラスチックの小さな破片、つまりマイクロプラスチックが世界の海や大洋にとって重大な問題になっている。それは世界中で見つかっている、北極の氷からも、海の底からも、動物の体内からさえも、人間も含めて。

ジョージナ:スロベニアの科学者、アナ・ロッター博士は「ゴー・ジェリー」を率いています。これは欧州のクラゲ生態学者の研究チームで、この問題について調べています。ここで、彼女がBBCワールドサービスの番組「世界を修理している人たち」で話をしています。

アナ・ロッター博士
マイクロプラスチック、プラスチック全般に、問題は深刻化しています。それはどこにでもあります。私が少女だったころは、もっと環境に優しかったです。そうとは知らずに…。ですから、買い物に行くのにレジ袋なんて使ったことがありません。いつでも布の袋を持って行っていました。野菜を入れるのにビニールを使うことはありません。使い捨てのスプーンやフォーク、ナイフは…、私にとっては、少女の頃には見たことがない物です。

ニール:ロッター博士によれば、彼女が子供だった頃には、人々はもっと環境に優しかった。つまり、環境に害を及ぼさないか、最小限の影響しか与えなかった。

ジョージナ:その当時、使い捨てのプラスチックは殆どありませんでした。プラスチック製品で、例えばスプーンとかフォークが一回だけ使うようにできていて、その後は捨てるようなものは。

ニール:使い捨てのビニール袋なんて言うものは、前代未聞だった。つまり、それまで知られていたり、一般的に使われていたりしなかったから、驚きであり衝撃だった。

ジョージナ:状況はそれ以降、劇的に変わりました。実際、マイクロプラスチックが非常に増えているため、今日では国連がプラスチック汚染を世界最大の環境への脅威の一つとしてリストに挙げているほどです。でも、クラゲがこの話にどうあてはまるのですか?

ニール:それは、ゼリーフィッシュの「ゼリー」の部分だよ。特にその粘り気のある、ゼリーのような粘液、それが鍵だ。ここでロッター博士が再登場。BBCワールドサービスの番組「世界を修理している人たち」で更なる説明をしている。

アナ・ロッター博士
粘液。これはクラゲから分泌されている粘着性物質のようなもので、吸収特性と呼ばれるものがあるかもしれません…。つまりその意味は、粒子を、様々な粒子をこの粘液に付着させられます…。なので、クラゲやその粘液をマイクロプラスチック粒子用の磁石として使えるのではないでしょうか?

ジョージナ:クラゲは粘液と呼ばれる、ドロリとした粘り気のある液体を出しています。ロッター博士が発見したのは、この粘液に強い吸収特性があること。つまりこれは液体やその他の物質を吸い込み、取り込むことができてそれを中に保持します。

ニール:クラゲの粘液が吸収する物質の一つが、マイクロプラスチックを構成している粒子だ。こうした漂っているプラスチックの微細な欠片を捕らえることで、粘液は磁石のように作用する。それは特定の物質を引き付ける物体。例えば金属を、だったり、今回の場合はマイクロプラスチック廃棄物を。

ジョージナ:海水温が上昇し、天敵の乱獲がクラゲの数を増やしているので、このクラゲの粘液を使う斬新な方法は、絶好のタイミングで登場しました。

ニール:ロッター博士の研究はいまはまだ初期段階だが、クラゲの粘液が、マイクロプラスチックに汚染された大洋など存在しない未来の鍵を握る物であることが期待されている。

ジョージナ:僅かな数のクラゲの刺し傷という代償に対して、これはすごい賞品です。そう言えばニール、あなたのクイズ質問の正解は何ですか?

ニール:そうだった。僕が聞いたのは、クラゲの刺し傷の最適な治療法についてだ。君は何て言ったかな、ジョージナ?

ジョージナ:私はc)の酢を使ってだと言いました。

ニール:それは…正解だよ! お見事。酢は針の毒を不活性化するんだ。なので、次回海に行くときは、酢の瓶を荷物に入れるのをお忘れなく!

ジョージナ:今回の番組で話を聞いてきたのは、科学者がクラゲの'mucus'を、つまりクラゲの体内で作られているドロドロしてネバついた液体を、海中のマイクロプラスチックを分解するためにどう活用しているかについてです。

ニール:人々の'single-use'プラスチックへの依存が、これは一回だけ使われてそれから捨てられる、そしてしばしばそれは海に押し流されるプラスチック製品ですが、そのことが間違いなく'environmentally friendly'ではない状況を生み出しています。その意味は、環境に最小限の影響しか与えない事。

ジョージナ:ごく最近まで、マイクロプラスチックの汚染や使い捨てプラスチックの問題は'unheard-of'、つまりビックリするショッキングなことでした。なぜならこれまで知られていなかったからです。

ニール:科学者が期待しているのは、粘液の'absorptive quality'が、つまり液体やその他の物質を吸収して、それをとどめておく能力が、海中を漂っているプラスチックの微粒子を捕捉するのを可能にし、クラゲの粘液を汚染の為の'magnet'にすることだ。それは特定の物質を、通常は金属だが、今回の場合はマイクロプラスチック廃棄物を引き付ける物体のこと。

ジョージナ:今回の番組は以上です。でも、この驚くべき海の生物がどうやって海洋をきれいにする役に立つのかをもっと聞くために、BBCワールドサービスの「世界を修理している人たち」をチェックしてみませんか?

ニール:そして、更なる面白い記事や流行の話題を聞くために、この 6 Minute Englishにまたすぐご参加されては如何でしょうか? ではまた次回!

ジョージナ:さよなら!

[ノート]

research:研究、調査、探求
discover:発見する、見いだす、つかむ
例文discover the secret of the stars:星の神秘を解き明かす
例文discover the true nature of:~の本質を明らかにする
jellyfish:クラゲ
provide a solution:解決策を与える、提供する
solution:解、解答、解決策
provide:提供する、もたらす、与える
pollution:汚染、公害、汚れ
sea:海
ocean:大洋、海
rubbery:ゴムのような、弾性のある
creature:生き物、動物

Of all ~:あらゆる~の、すべての~の
例文of all ages:あらゆる時代の
例文of all the people in the survey:全調査対象者の中で
weird:奇妙な、風変わりな、変な、変わった
under the sea:海中で
strange:奇妙な、変わった、変な、見知らぬ
cone-shaped:円錐形の、円錐状の、コーン型の
find:出会う、出くわす、探し出す、探して~を見つける、発見する、見いだす
floating:浮いている、浮遊している、漂う
tentacle:触手、触腕、触角
trail:引きずる、尾を引く、たなびく、ハウ、伸びる、漂わせる、後をついて行く、のろのろ歩く
species:種
have a bad reputation:評判が悪い
reputation:評判、風評、高い評価
scare away:~を追い払う、怖がらせて追い払う
scare:怖がらせる、びっくりさせる、驚かせる
tourist:観光客、観光旅行者
clog up:詰まらせる、塞ぐ
fishing net:漁網
block:塞ぐ、封鎖する、閉鎖する、詰まらせる
power station:発電所
pipe:パイプ、管、導管
more and more:ますます、どんどん
rubbish:くず、がらくた、ごみ、廃棄物
end up in:最後に~に行く
例文end up in a landfill:結果的にごみになる、埋め立て地行きになる
you’re as likely to swim into a plastic bag as a jellyfish.:(訳に自信なし)
be likely to:~しそうである、~する可能性がある、~らしい、~しやすい
例文likely to rain:雨が降りそうだ
例文nearly __ times as likely to ~ as:に比べて_倍近く~する可能性がある
swim into:(下記の'swim in'のような意味合いと推測)
参考The company is swimming in red ink.:会社は赤字まみれだ
例文These chips are swimming in vinegar.:フライドポテトがビネガーまみれだ
plastic bag:ビニール袋、プラスチック袋、ポリ袋、レジ袋
provide an answer:回答する、答えを与える
sticky:粘着性の、粘り気のある、粘つく、ねばねばした、べたべたする、どろりとした
mucus:粘液
along the way:道中、ここに至るまでに、これまでに、進行中に
mention:言及する、述べる、触れる、話に出す、口にする
beach:浜、海辺、ビーチ、岸べ
goer:よく行く人、常連、積極的な人、活動的な人、活発な人
例文sea-goer:海水浴客、海水浴に行く人
sting:刺すこと、針、とげ、刺し傷、刺すような痛み
treat:治療する、手当てする
jellyfish sting:クラゲによる刺傷
vinegar:食用酢、ビネガー、酢
sting:<動詞>刺す
find out:見いだす、解明する、理解する、明らかにする、気付く、見破る、答えを出す、謎を解く、調べる
tiny piece:小片
tiny:とても小さい、ちっぽけな
piece:一切れ、一かけら、一片
microplastic:マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境において極めて大きな問題になっている。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
significant:重要な、重大な、意義のある、大幅な
Arctic:北極の、北極圏の
including:~を含む、~を含めて、~などの
Slovenian:スロベニア人の
Ana Rotter:この人かな
head:率いる、預かる、先頭に立つ、最初にいる
ecologist:生態学者、環境保護活動家、環境学者
look into:~の中を見る、~をのぞき込む、調査する、検討する
BBC World Service:BBCワールドサービス(英語: BBC World Service)とは、イギリスの英国放送協会(BBC)が海外向けに放送を行っている国際放送のことである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
People Fixing the World:サイトはコチラ(番組名の訳は適当)
in general:一般に、概して、通例
increasing problem:深刻化する問題
increasing:増加する、拡大する、強大になる
例文increasing pain:痛みの悪化
environmentally friendly:環境に優しい、環境に配慮した、環境を破壊しない
not knowing that:とは露知らず
go shopping:買い物に行く
cloth bag:布袋
single-use:使い捨ての
unheard-of:今までに聞いたことがない、前代未聞の、知られていない、未知の
little girl:少女
harmful:有害な、害を及ぼす、害になる
environment:環境、周囲、情勢
have an impact:影響を与える、及ぼす、持つ
least possible:最小限の
例文with the least possible effort:最小限の努力で
At that time:その時は、あの時は、当時は
very few:ほとんどない、ごく少数である
item:品物、商品、製品
designed to:~するように作られている、設計されている、意図されている
throw away:投げ捨てる
surprising:驚くべき、予期しない、意外な
shocking:衝撃的な、感情を揺さぶる、びっくりさせる、恐ろしい
previously:前に、以前に、先に、前もって、これまで、それまで
commonly used:なじみ深い、おなじみの、よく使われる、一般的に使われる
dramatically:劇的に、著しく、飛躍的に
In fact:実際に、実のところ
there’s been such an increase in microplastics that today the UN lists plastic pollution as one of the world’s top environmental threats.:('such ~ that ~'で、「とても~なので、~なほどだ」と考えたが、自信なし。)
UN=United Nations:国際連合、国連
list:一覧表に載せる
例文list ~ as a sponsor of terrorism:~をテロ支援国のリストに載せる
top:最上級の、最善の、最大の、最高の
threat:脅威
fit into:合う、収まる、適合する、しっくりくる、当てはまる、属する
jelly:<名詞>ゼリー、<形容詞>ゼリー状の
specifically:特に、明確に、はっきりと、具体的に
-like:~のような
key:鍵、キー、こつ、秘訣
explain:説明する、解説する
viscous:粘着性のある
substance:物質
excrete:排出する、分泌する
例文excrete a sticky liquid:粘液を分泌する
might have they are called absorptive properties:('might'の訳がこれでいいのか不明。)
absorptive property:吸収特性
absorptive:吸収性の、吸収力のある
property:(ここでは)特性、特質
particle:粒子、微粒子、微量、小片
various:さまざまな、いろいろな
attach to:~に付着する、結合する
so, could we use:('could'の訳に自信なし。「使えますか」では変な気がするので。)
could:(ここでは)~してもいいですか?
magnet:磁石
produce:作り出す、生み出す、産出する、生産する
thick:粘度が高い、ドロッとした、どろりととした、どろどろした、粘度がある
liquid:液体
absorb:吸収する、吸い上げる
take in:取り入れる、取り込む、包含する
substance:物質
hold ~ in:保つ、保持する、持つ
例文hold ~ in an unnatural attitude:~を正しい姿勢で保持する
make up:構成する、成り立っている
trap:罠にかける、捕まえる、捕捉する、閉じ込める
例文trap a protein:タンパク質を吸着する
act like:~のように振る舞う、~な行動する、~のまねをする
参考act as a brake:ブレーキとして作用する、ブレーキ役をする
object:物、物体
attract:引く、引き込む、引き付ける
certain material:特定の物質
certain:ある、例の
metal:金属
in this case:この場合は、もしそうなら
waste:廃棄物、ごみ、くず、排せつ物
rise:増える、増加する、上がる、上昇する
sea temperature:海面温度
overfish:魚を乱獲する
natural predator:天敵
predator:捕食者、捕食動物
boost the number of:~の数を増やす、押し上げる
novel way of:~の斬新な方法、目新しい方法、聞いた事もないような方法
couldn’t have come at a better time:これ以上ない時期に到来した、絶好のタイミングで来た(「これ以上良いタイミングに来られなかった」からの意訳。)
at a better time:都合の良いときに
early stage:初期段階、早期
hope:願う、希望する、期待する、望む
hold the key to:~の鍵を握る
free of:~がない
polluted:汚染された
Which is a big prize for the cost of few jellyfish stings.:(訳に自信なし。文脈からの憶測)
big prize:大きな賞、豪華な賞品、すごい賞品
cost:犠牲、代償、損失
few:少ない、わずかの、少ししかない、ほとんどない
Speaking of which:そういえば
Right,:(訳に自信なし。文脈からの憶測)
Right:はい、よし、わかった、了解、確かに
Well done:うまい!、お見事!
inactivate:不活化する、不活性化する、不活発にする
venom:毒
remember to:忘れずに~する
pack:詰める、荷造りする
例文pack spare food:予備の食料を荷物の中に入れる
head to:~に向かう、~に行く
head:進む、行く
break down:壊す、破壊する、取り壊す、解体する、つぶす、~を分解する
addiction:依存、中毒
get + 過去分詞:受け身
例文This sneaker got stolen by my friend.:このスニーカーは友達に盗まれた
wash out:~を押し流す
例文wash out to open sea:沖へ押し流す
definitely:確かに、間違いなく、疑いなく
have an impact:影響を与える、及ぼす
minimal:最小の、極小の、最低限の
Until quite recently:つい最近まで
micropollution:micro(plastic)pollutionだろう
quality:品質、本質、属性、資質
hold:維持する、保持する、持続する
allow ~ to:~に…することを許す、認める、可能にする
That’s all:それがすべてだ、それで終わりだ、以上です、ただそれだけだ
amazing:驚くほどの、すごい、素晴らしい
clean:~を掃除する、~を清潔にする、~をきれいにする
why not:したらどうですか?
check out:~をよく調べる、~を調査する
item:事柄、情報、記事、項目
bye for now:またね、じゃあまた後で、次回お会いしましょう
p08zlblm
クラゲが役に立つ。美味しいとか、心を癒す話かと思った。