6 Minute English
Are trees intelligent?
EPISODE 201217 / 17 DEC 2020


[前書き]

スザンヌ・シマードという世界でも有数の木の研究者の一人によれば、木には知性があると考えるべきだそうです。ニールとジョージナは木について、また木がどうやって互いに意思を伝えて助け合うことができるのか、更に家族の面々を識別しているのかについて話し合います。

[台本]

ニール:こんにちは。この番組は BBC Learning Englishがお送りしている 6 Minute Englishで、僕はニール。

ジョージナ:そして私はジョージナです。

ニール:何週間も都市封鎖が続いている間、君はどうやって暇な時間を潰していたのかな、ジョージナ? 居間のペンキの塗り替え? それとも台所で体操教室をするとか?

ジョージナ:実のところニール、自分の家族の歴史をネットで少し調べていました。家系の研究をしているのですよ。ほら、親族のさまざまな人たち同士のすべての血縁関係を描いた図面のことです。

ニール:ほぉ、何と興味深い! そして何とぴったりな。なぜなら木が今回の番組のテーマなんだ。家系ではなくて、現実の、森で生きている木のことだ。

ジョージナ:実はニール、あなたには意外かもしれませんが、ある人によれば、木にも家族がいるのです。母親の木があって、子供の木を援助したり養うのを助けたりしています。

ニール:その通りだ。スザンヌ・シマードによれば、彼女は世界でもトップの木の研究者の一人だけど、木には知性があると見なされるべきなんだ。木々は互いに意思を伝え、互いに助け合い、そして君が言ったように、ジョージナ、木は家族を見分けることさえできる。

ジョージナ:なので木は自分の家系図を持つことが出来るのです。素晴らしい! もっと話してください。

ニール:いいとも、ジョージナ、でも先にクイズ質問を出させてくれ。林や森の中で一番大きな木は「母樹」と呼ばれている。それは一番大きいので、母樹は通常、一番長くて一番つながりあった根を持っている。そこで僕の質問はこれだ。今現在生きている木で、世界最大なのは何だろうか? それは、

a) バオバブの木?
b) セコイアデンドロンの木? それとも、
c) セコイアの木?

ジョージナ:うーん、カリフォルニア州にあるアメリカスギの写真を見たことがありますが、あれは巨大でした。ですから、b)のセコイアデンドロンにします。

ニール:分かったよ、ジョージナ。君がそれを選んだのはきっと、ただそれが一番発音しやすいものだからだと思うけど、答えは番組の最後に明かすことにしよう。さて、木の研究者、スーザン・シマードに話を戻そう。

ジョージナ:彼女の壮大な発想は、「ウッド・ワイド・ウェブ」。木々と、同じ一族である他の木々とをつないでいる地下の根のネットワークを表現しています。

ニール:ここで、スザンヌはBBCワールドサービスの番組「すごい計画」で、木の家族について更なる説明をしている

スザンヌ・シマード
私たちが発見したのは、親の木は自身と血縁である苗木の方を特別扱いしていることです。他人の苗木と比較して。

デビッド・エドマンズ
それは驚きですね。そしてあなたが、木々が自分自身の家族をひいきにしていると言っているのはつまり、より多くの栄養を自分の子孫に送るということですね。いうなれば、よそ者の木に送るよりも。

スザンヌ・シマード
そういうことです。

ジョージナ:母親の木は食べ物や栄養物を自分自身の苗木に送っています。それは種から育った若い植物のことです。

ニール:このようにして、親の木は自身の子孫を助けている。これは自身の子供、もしくは子の同義語。母樹は自分自身の親族である他の木を見分けて養うことが出来るんだ。それは家族を意味する古風な単語のこと。

ジョージナ:受け取った追加的な栄養分や炭素によって、子孫は自分たち自身の根のネットワークを伸ばしてさらに多くの栄養素を吸い上げることができます…

ニール:…それが今度は、彼ら自身の成長を促進させてその一部を巨人にする。カリフォルニア州や世界のその他の地域で育っているのを見かけるような。

ジョージナ:素晴らしい! 木々がこんな風に巧みに振る舞うのであれば、スザンヌが木には知性があると考えるのも無理はありません。

ニール:おまけに、それだけじゃない。スザンヌが、果たして木には'活気がある'のかという疑問をBBCワールドサービスの番組「すごい計画」で議論しているのをもう一度聞いてみよう。彼女の考えが理解できるかな。

スザンヌ・シマード
自分の運命に行為主体性があるという意味で活気があるのです、あなたが知っている意味ではなく…。多くの人が、木のことを地面から生えている単なる棒のような類のものだと思っているようです。木はこういった不活発な類のもので、自分の運命に行為主体性を持たず、行動を変えたり決断したりはしないと。しかし私たちが発見したのは、木はそのすべてを行っていることです。そして、えー、一歩下がって、木が長い長い長い間進化してきたことを考えて下さい。人間よりもずっと長く。そして木は社会の中で進化してきており、成長し、生き延びねばなりません。

ジョージナ:スザンヌは、木は活動的で知性があると考えているようです。なぜなら、彼女曰く、木には行為主体性があるから。これは行動して周囲に影響を与える能力があるという意味の概念です。

ニール:死に瀕している木でさえも未来を理解しているらしい。死ぬ前に、木は自身の子孫に新たな根のつながりを作り始めるよう警告を発するんだ。

ジョージナ:木が自身の運命をある程度理解していることを示しています。それは、誰かの人生で起きる全てのこと、そして未来において起きるであろうことです。

ニール:なので、木は僕たちが考えていたよりもずっと賢いようだ、ジョージナ。

ジョージナ:沢山の賢い木々が、互いにおしゃべりしているのに取り囲まれて、森の中に散歩に出かけることをどう感じるかは、間違いなく変わるでしょう。彼らは家族の口論をするのでしょうか。

ニール:ハハ、まぁ、僕はこういったすごく巨大な木の一つと言い争ったりはしないよ。例えば…、さぁジョージナ、教えてよ。

ジョージナ:ああ、クイズ質問のことを言っているのですね。現存する最大の木について?

ニール:その通り。君は何て言ったかな?

ジョージナ:私は、今現在生きている最大の木はb)のセコイアデンドロンだと言いました。合っていますか、ニール?

ニール:えーと、「巨大な」の部分はあっていたよ、ジョージナ。でも、実際の答えはc)のジャイアント・セコイアで、名前は「シャーマン将軍」。この木はカリフォルニア州のジャイアント・フォレストの中にある。高さは何と83メートルで、幹の周りは33メートルもあるんだ!

ジョージナ:わぁ! この木にはきっと巨大な家系図があるに違いありません!

ニール:ハハ、じゃあ、ではジョージナ、知性のある木について議論するのに使った語彙のおさらいをしよう。まずは'family tree'から。親族の成員同士の続柄を描いた図のこと。

ジョージナ:木は、自身の子供たち、もしくは'offspring'と意思疎通が出来る程に頭がいい。これらの若い植物は種子から成長したもので、'seedling'としても知られています。

ニール:僕たちが学んだもう一つの単語は'kin'で、家族の昔風の言い方だ。

ジョージナ:木の専門家であるスザンヌ・シマードによれば、木には'agency'があります。この用語が言い表しているのは、行動し、周囲の状況に影響を及ぼす能力のことです。

ニール:そして、木が自分の人生に関するあらゆる種類の決断を下しているという事実は、木が自身の'destiny'を理解していことを示唆している。それは、生きている間にその人に起きるあらゆる出来事のこと。将来も含めて。

ジョージナ:英語語彙の森の散策にご参加いただきありがとう。私たちのウェブサイトでもっと多くの時事的な議論を見つけられることをお忘れなく…

ニール:…そしてbblearningenglish.comにある英語資産の森全体のことも。ではまた次回。

ジョージナ:さよなら!

[ノート]

Suzanne Simard:Suzanne Simard is a professor of forest ecology and teaches at the University of British Columbia.(英語版Wikipediaより)
leading:第1級の、一流の、主要な、優れた、有数の
researcher:調査員、研究者
see:(ここでは)見る、考える、見なす
intelligent:知的能力を持った、知性がある
communicate:やりとりする、交換する、伝える、理解し合う、気持ちが通じる
A as well as B:AもBも、AおよびB、BだけでなくAも、BはもちろんAも
recognise:識別する、見覚えがある、覚えている、見分けがつく
family member:家族の一員、家族

free time:自由時間、暇なとき
weeks of:数週間に及ぶ、何週間にも及ぶ
lockdown:封鎖
Repaint:塗り直す、塗り替える
living room:居間
exercise class:体操教室、演習クラス
kitchen:台所、調理場、料理室、厨房
research into:~に関する研究
family history:家族歴
investigate:調査する、研究する、捜査する、取り調べる
family tree:家系、家系図、系譜、系図
drawing:描画、図面、製図
show:示す、表す、表示する
relationship:関係(性)、結び付き、関わり合い、関連、血縁関係、続柄
appropriate:適した、適切な、適当な、妥当な、ふさわしい
例文wonderfully appropriate:素晴らしくぴったりな
subject:主題、題目、議題、テーマ
real:実在する、存在する、現実の、実際の
living-in-the-forest:(辞書的に見つからない。'-'でつないでいるので、何か特有の意味があるのかも→コメント欄参照)
support:支える、支援する、援助する、養う、扶養する
help feed child trees:(訳に自信なし。)
help feed:(Help + 原型不定詞)~を助ける
feed:食物を与える、飼う、養う
communicate with each other:お互いに文通し合っている、コミュニケーションを取り合う、互いに意思疎通をする、連絡を取り合う
mention:言及する、述べる、触れる
tell:(ここでは)見分ける、分かる、知る
wood:(ここでは)森、林
forest:森林,山林
mother tree:母樹
connected root:(訳に自信なし。)
connected:結び付いた、結合した
root:根
currently:現在は、現在、今、今や、現今
living:生きた、生きている
baobab:バオバブ(英名:Baobab、学名:Adansonia)は樹木の属の一つ。アオイ目アオイ科(クロンキスト体系や新エングラー体系ではパンヤ科)バオバブ属の総称。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
b) a giant redwood tree?, or,:(bとcの訳がこれで合っているのか不明)
c) a sequoia tree?
giant redwood:セコイアデンドロン(学名:Sequoiadendron giganteum)は、ヒノキ科(またはスギ科)セコイアデンドロン属の巨木。セコイアデンドロン属の現生種は、S. giganteum1種のみである。現存する最も巨大な樹木の1つ。アメリカ合衆国西海岸にあるシエラネヴァダ山脈西斜面の高地に自生し、現地では「ジャイアント・セコイア」とか「大きな木」(Big Tree)などと呼ばれている。
redwood:アメリカスギ、セコイア
sequoia:セコイア(英: Sequoia)は、ヒノキ科(またはスギ科)セコイア属の常緑針葉樹。セコイア属はセコイアのみの1属1種である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
I’ve seen photos of redwood:(訳に自信なし。'giant redwood'と'redwood'は別ではないのか?)
huge:巨大な、大量の
find out:見いだす、解明する、理解する、明らかにする、気付く、見破る、答えを出す、謎を解く、調べる
get back to:~に戻る
big idea:ばかばかしい大計画、ものすごい計画、大きなアイデア、ばかげた大計画,迷惑な提案
‘wood wide web’:('world wide web'をもじったものだろう)
way of describing:説明する方法、表現する方法
network:ネットワーク、網
link:~を結び付ける、~をつなぐ
BBC World Service:BBCワールドサービス(英語: BBC World Service)とは、イギリスの英国放送協会(BBC)が海外向けに放送を行っている国際放送のことである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
The Big Idea:(番組名の訳に自信なし。「ばかげた」なのか「すごい」なのか?)
The Big Idea:サイトはコチラ
find:発見する、見いだす、気付く、理解する
parent tree:親木
favour:~の方を好む、~をえり好みする、えこひいきする、特別扱いする、かばう
seedling:実生、芽生え、苗、苗木、種、種子
kin:家族、血縁、親族、親類
versus:対~、~と対比して、~に対して
例文take costs versus budget into account:予算と比較した経費を考慮に入れる
stranger:見知らぬ人、よそから来た人、よその人、よそ者、他人
extraordinary:異常な、途方もない、風変わりな、驚くべき、桁外れの、非凡な、特別の
nutrient:栄養物、栄養になる食物、栄養素、栄養
offspring:子、子孫
as it were:いわば、いうなれば、言ってみれば
plant:植物、草、花
seed:種子、種
In this way:この方法で、このようにして、こんな具合に
another word for:~と言い換えられる、~の同義語である
young:(ここでは)子供、子
old fashioned:古めかしい、昔風の、旧態依然とした、古風な、昔かたぎの
extra:余分な、必要以上の、追加の
carbon:炭素
extend:伸ばす、引き伸ばす、広げる
suck up:吸い上げる
even more:さらに一層
which in turn:次々に、順番に、次に、今度は、同様に
increase growth:成長を高める
例文increase muscle growth:筋肉の発育を促進する
turn into:~に変わる、変化する
giant:巨人
behave:振る舞う、行動をする
in clever ways:うまく、たくみに
no wonder:驚くに値しない、~も不思議ではない、無理もない、~も当然である
question of whether:~かどうかという疑問
‘alive’ :(訳に自信なし。)
alive:生存して、生きていて、活動して、動作して、生き生きとして、活動的で
See if:~かどうかを確かめる、~かどうかを見る、~かな?
hear:理解する、分かる
opinion:意見、見方、考え方
in the sense of:~という意味の
having agency in their destinies, instead of being you know…:(訳に自信なし。)
agency:作用、働き、力、行為者性、行為主体性、動作主性
destiny:運命
instead of:~の代わりに、~ではなく、~しないで
stick:棒、さお
grow out of:~から生じる、~から生まれる、発生する
inert:不活性の、不活発な、生気のない、のろい
make a decision:決定する、決心する、決断する、判断する
you know what:あのね、何と
step back and think about:一歩引いて(下がって、離れて)~について考える
step back:後ずさりする、後に下がる、後退する、一歩離れて見る
evolve:発達する、発展する、進化する
over a long time:長い時間をかかって
way:はるかに、ずっと
human being:人間
and they have evolved in communities and they have to grow and survive.:(訳に自信なし。ここも'think'にぶら下がっているのか? ここではぶら下がっていない訳になっている)
community:地域社会、団体、コミュニティ、グループ、社会
concept:概念、観念、考え
act:行動する、振る舞う、演じる、果たす、こなす
have an effect on:~に影響する、~に影響を与える
environment:環境、周囲
Dying:死にかけた、死に瀕した
have some understanding of things:物事をいくらか理解している
certainly:確実に、確かに、必ず
go for a walk:散歩に出かける
walk in a wood:森の中を歩く
surround:取り囲む、周りを囲む
chat:おしゃべりする
wonder if:~かどうか不思議に思う、~ではないかと思う
family argument:家族の口論
argue with:議論する、口論する、言い争う
gigantic:非常に大きな、巨人のような、巨大な
get right:正しくなる、きちんと理解する、明確にする
General Sherman:シャーマン将軍の木(シャーマンしょうぐんのき、General Sherman)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州 Visalia にあるセコイア国立公園内の原生林 Giant Forestに生えているセコイアデンドロン(学名:Sequoiadendron giganteum)の巨木である。
Giant Forest:The Giant Forest, famed for its giant sequoia trees, is within the United States' Sequoia National Park.(英語版wikipediaより)
he’s a whopping 83 metres tall and measures a massive 33 metres around the trunk!:('whopping'と'massive'をどう訳に入れるのか不明)
whopping:とてつもなく大きい、途方もない、べらぼうな
measure:(大きさや重さが)~ある
massive:巨大な、圧倒的な、壮大な、大規模な
trunk:幹、胴体
例文trunk __ meter around:周囲_メートルの幹
bet:賭ける、きっと~だと断言する、~だと確信している、~に違いない
recap=recapitulation:要約
starting with:~から初めて、~を初めとして、皮切りにして
diagram:略図、図表、図形
enough to:~するのに十分な、~するに足りるほど、~できるほど
term:(ここでは)用語、言葉
one's surroundings:環境、周囲の状況
suggest:提案する、提言する、勧める、意味する、示唆する、暗示する
walk through:~を通って歩く
例文walk through a park:公園を歩く、散歩する
topical:時節柄興味深い、時事問題の
as well as a whole forest of English language resources:(訳に自信なし。)
whole:全体の、すべての、全
resource:資産、財産
p090dc9w
植物に知性があると、菜食主義者は食べられる物がなくなってしまうのでは