6 Minute English
What is fat-shaming?
EPISODE 201231 / 31 DEC 2020


[前書き]

誰かが太っていることで批判されたり恥ずかしい思いをさせられる「ファット・シェイミング」という出来事が増加しています。ニールとジョージナはファット・シェイミングの背後にある考え方がどこに由来しているのかを議論します。

[台本]

ニール:こんにちは。この番組は BBC Learning Englishがお送りしている 6 Minute Englishで、僕はニール。

ジョージナ:そして私はジョージナです。

ニール:1月は新年の抱負を立てることが多い時期だ。つまり新しい年に始めたり止めたりしたい物のことだけれど、君は何か2021年の誓いはしたのかな、ジョージナ?

ジョージナ:そうですね、まず第一にニール、私は絶対にダイエットをします! チョコレートのせいでクリスマス中にすごく体重が増えましたから。

ニール:そうだね! もちろんクリスマス・プディングも! 都市封鎖中に既に余分な体重が増えていたから、クリスマスの間にさらに一層だよ。だから2021年には間違いなくダイエットが必要だ。

ジョージナ:二人共が体重を減らす決意をしているなんて不思議ですね! つまり、大抵の人がクリスマスには少し食べ過ぎて、その後、1月にダイエットをします。

ニール:何を言っているんだ、ジョージナ? 人が僕らのことをデブ呼ばわりするのを心配していると思っているのかい?

ジョージナ:そう驚くことでもないでしょう、ニール。何と言っても、ファット・シェイミングは増えています。それは、誰かが太っていることで非難されたり恥をかかされることをそう呼びます。

ニール:今回の番組では、ファット・シェイミングの背後のある考え方がどこから来ているのかを問い掛けることになっている。肥満に批判的な姿勢が、どんなふうにしばしば暗黙的で無意識的なのか話を聞いていく。

ジョージナ:でもちょっと待ってください、ニール。二つ目のクリスマスケーキを食べることは太ることと同じではありませんし、ましてや肥満とは大違いです。

ニール:その通りだよ、ジョージナ。肥満という単語が指しているのは、とても太り過ぎていて体脂肪たっぷりな人のことだ。この用語は、BMIもしくはボディマス指数を使って測定される疾患を表していて、英国では増加の一途だ。実は、それが僕のクイズ質問なんだ。英国ではどれほどの成人が肥満を患っているだろうか? それは、

a) 成人の3人に1人?
b) 成人の4人に1人? それとも、
c) 成人の5人に1人?

ジョージナ:私は、b)の4人に1人だと思います。

ニール:分かったよ。答えは後ほど明らかにしよう。君が言ったように、ジョージナ、肥満という単語には特有の意味がある。ここで、アビゲール・サガイ教授がBBCワールドサービスの「ナゼの要因」でこの言葉について話をしている。肥満という単語がいつから使われ始めたのか、よく聞いて欲しい。

アビゲール・サガイ教授
肥満という用語が案出されたのは20世紀の半ばで、それは医師たちがこう言うために一丸となって取り組んだからです。これは医学的な問題であって、それについては我々に権限と専門知識があるのですよ、と。

ジョージナ:サガイ教授によれば、肥満という言葉が造られたのは1900年代の中頃で、その意味は、その言葉が生み出された、もしくは特定の方法で初めて使われた、です。

ニール:当初これが意味していたのは個人的な健康問題だった。患者と医師の間で議論される物事だ。でも時間が経つに連れ、肥満は差別や罵りの言葉になってしまった。

ジョージナ:心理学のクリス・クランドル教授はハーバード大学の「暗黙の偏見プロジェクト」に関与していました。人種的な偏見を明らかにしたことが一番有名ですが、このテストは他の偏見も測定しています。体重についても。

ニール:他人に対して人が抱いている信条の多くは、自覚している意識から隠されているんだ。では、とても太っている人を見掛けた時、意識的にせよ無意識にせよ、どんなことが頭をよぎるのだろう? ここでクランドル教授がBBCワールドサービスの「ナゼの要因」で話をしている。

クリス・クランドル教授
私たちはこう考えがちです。少なくとも西側社会では、太った人のことを個人的な失敗であり、精神的な失敗であると…。人はこう考える傾向があります。肥満は怠惰の指標であり、過度な無節制や道徳心の不足、自分自身の人生を把握する気がない事の指標であると。私たちは普通のアメリカ人や欧米人として一般的に、それは個人的な特質なのだと考えがちです。それは自分で自分にしていることであり、結果として軽蔑されても仕方がないのだと。

ジョージナ:よく抱かれている偏見は、太っている人は自身の状態について責任があるというものです。なぜなら彼らが怠惰で、食い意地が張っていて、道徳心が欠如しているから。それは、倫理的に、自制心を働かせて行動する能力や決断力のことです。

ニール:西側では特に、太っていることや肥満は個人の特質だと考えられている。つまり、その人が持っている性格、特徴、特性のことだ。この考え方はつまり、太っている人は単にその人なりなのであって、自分以外に責める人はいない。そういう人はもっと運動するなり、食べるのをやめるべきなのだと…

ジョージナ:そのせいで太った人に嘲った接し方をする人もいます。それは軽蔑したり馬鹿にする強い感情のことです。

ニール:実際にはもちろん、体重は個人の選択ばかりではない。どのくらい太っているかは環境や遺伝によっても決まってくる。場合によっては最大80%も。

ジョージナ:いずれにせよ、たとえ個人がそれを制御しているのだとしても、ファット・シェイミングは人が体重を減らすのを助ける良い方法だとは思えません。

ニール:それが問題を引き起こさないのなら、多分結局、二切れ目のケーキを食べてもいいんじゃないかな、ジョージナ。

ジョージナ:ありがとう、ニール。でも私は、あなたが出したクイズ質問への意欲を損ないたくはありません。肥満を患っている英国の成人の人数に関して、私は当たっていましたか?

ニール:君は何て言ったのだったかな、ジョージナ?

ジョージナ:私は、答えはb)の成人の4人に1人だと思いました。

ニール:それは…正解だ! 太り過ぎは英国だけで数百万人の成人に影響を及ぼしている問題であり、また、肥満はCovid 19と関連した悪化要因かもしれないと研究が示唆しているため、これは更に何百万人にも影響する可能性がある問題だ。

ジョージナ:その点は要検討ですね、ニール。さて、語彙のおさらいをしましょう。最初は'obese'からです。危険なほどの太り過ぎで、ボディマス指数もしくはBMIによって測定されます。

ニール:この肥満という用語が'coin'された、つまり生み出されたのは疾患を表現するためだが、しかし多くの人が今では、これを個人的な'attribute'だと見なしている。つまり性質や特徴のこと。

ジョージナ:'Fat-shaming'とは太っていることで誰かを批判したり恥をかかせること。あるいはその人たちに'scorn'を示すこと。これは軽蔑や見下した感情のことです。

ニール:またそこには'moral fibre'が足りないと考えることも含まれている。正しく、あるいは自制して振る舞う能力のこと。

ジョージナ:今回の番組は以上です。でも、人種や性的志向や体重に基づいたあなた自身の暗黙の偏見についてもっと調べるのであれば、ネットで「Harvard IAT」を検索して、テストを受けてみてください。分かったことに驚かされるかもしれませんよ!

ニール:そして、更なる時事的な議論や語彙について聞くために、6 Minute Englishにまたすぐご参加ください。いつものアプリストアでアプリをダウンロードし、ソーシャルメディアを我々をフォローしてください。ではまた次回!

ジョージナ:さよなら!

[ノート]

Incident:出来事、事件、紛争
fat-shaming:肥満であることを辱める行為、the act of criticizing or drawing attention to someone for being fat, making them feel embarrassed or ashamed(「肥満バッシング」とか「肥満への中傷」みたいな感じか)
criticise:非難する、批判する
humiliate:恥をかかせる、屈辱を与える、自尊心を傷つける、面目をつぶす、侮辱を与える
be on the rise:増えつつある、増加している、上昇しつつある、増加傾向にある、増加の一途である
attitude:態度、姿勢、振る舞い、考え方
例文attitude to work:仕事に対する姿勢、考え方
behind:~の後ろに、~の背後に、~の陰に
come from:~から来る、~に由来する、~からもたらされる

make New Year’s resolution:新年の決意をする、一年の計を立てる
make a resolution:決心する、決意をする
resolution:(ここでは)決心、決意
for a start:まず第一に
definitely:確かに、間違いなく、疑いなく、絶対に
go on a diet:ダイエットをする
go on:進み続ける、~を続ける、継続する、~し続ける、続けて~する
Over:(ここでは)を通して、の間中
例文over Christmas vacation:クリスマス休暇中
pile on __ pounds:_ポンド太る、体重が増える
pile:積み重ねる
with:(ここでは)~が原因で、~のために、~のせいで
not to mention:~は言うまでもなく、~はさておき、もちろん
Christmas pudding:クリスマスプディング (Christmas pudding)は、イギリスの伝統的なクリスマスケーキ。具材にプラムが使われることが多いため、プラム・プディング (plum pudding) とも呼ばれる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)、イギリスでクリスマスの前に作って保存しておく、ドライフルーツ、果物の皮の砂糖漬け、ブランデーが入ったプラム・プディング(plum pudding)。クリスマスの日に加熱して食べる。(by英辞郎)
put on extra weight:余分な体重が増える
put on weight:体重が増える、太る
even more:さらに一層
diet:ダイエットする、食事制限をする
curious:好奇心をそそる、興味深い、気になる、不思議な、珍しい、妙な
lose weight:体重を減らす、減量する、痩せる
overeat:食べ過ぎる
be worried:気になる、心配である、心を痛めている、悩んでいる、懸念する
fat:デブの、太った
surprising:驚くべき、予期しない、意外な
After all:やはり、結局のところ、結局は、何と言っても、どっちみち、どのみち
that’s what it’s called:(訳に自信なし。)
ask:尋ねる、質問する、聞く、問う
anti-fat:肥満防止の
anti-:反~、対~、抗~、非~、不~、~防止の
implicit:暗黙の、黙示的な
例文implicit approval:暗黙の承認
unconscious:知らず知らずの、何げなく口にした、自覚しない、無意識の
Hang on:ちょっと待って
though:~だけれども、~だけど、そうは言うものの、でも、しかし
have:(ここでは)食べる
例文have ~ for breakfast:朝食に~を食べる
slice:薄片、一切れ、一枚
hardly:ほとんど~ない、とても~ない
same as:~と同じである、~も同然である
much less:まして~でない
例文The boss is never civil, much less polite. : 上司は丁寧ではないし、まして礼儀正しくもない。
obese:肥満の、太り過ぎの、でっぷり肥えた
describe:述べる、言い表す、説明する、表現する
overweight:太り過ぎの
body fat:体脂肪
term:(ここでは)用語、言葉
medical condition:医学的状態、病状、内科的疾患、身体疾患、身体的な病気
measure:測る、測定する、評価する、比べる
BMI or the body mass index:ボディマス指数(ボディマスしすう)とは、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数である。一般にBMI (Body Mass Index) と呼ばれる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
be affected by:~の影響を受ける、見舞われる、患う、かかる
例文affected by a disease:病に冒される、病気にかかる
例文affected by constipation:便秘を患う
obesity:肥満
one in every __ men:_人につき一人
adult:大人、成人
guess:推測する、言い当てる、~だと思う
find out:見いだす、解明する、理解する、明らかにする、気付く、見破る、答えを出す、謎を解く、調べる
specific:明確な、具体的な、曖昧でない、特定の、特有の、個別の
Abigail Saguy:この人かな
BBC World Service:BBCワールドサービス(英語: BBC World Service)とは、イギリスの英国放送協会(BBC)が海外向けに放送を行っている国際放送のことである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
The Why Factor:サイトはこちら(番組名の訳は適当)
Listen out for:~に耳を傾ける
coin:(貨幣を)鋳造する、(言葉を)作る、案出する
as a concerted effort:(訳に自信なし。)
concerted effort:協力、協調努力
参考make a concerted effort to:~するよう協力して努力する、一丸となって努力する
concerted:申し合わせた、協調した、一致した
medical doctor:医師
medical issue:医学的な問題、医療問題
have authority:権限がある、権威がある、影響力がある
authority:権力、権限、職権、権威、威光、説得力、信頼性、自信
expertise:専門知識
invent:発明する、考案する、生み出す、発案する
in a particular way:特定の方法で、特有のやり方で
originally:最初は、生まれは、初めは、もともとは、本来は、当初は
individual:個人の、個別の、個々の
medical problem:健康問題、医学的問題、内科的疾患
discuss:話し合う、意見を交わす、議論する
patient:病人、患者
over time:時間と共に、時がたつにつれて、そのうちに、時間をかけて、徐々に
discrimination:不公平な扱い、差別
abuse:虐待、酷使、罵り、嫌がらせ、悪口、悪態、雑言
Psychology:心理学
Chris Crandall:この人かな
involved in:に従事している、関与している
Harvard University:ハーバード大学(英語: Harvard University)とは、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州ボストン近郊のケンブリッジに位置する総合私立大学。アイビー・リーグの1つで、イギリス植民地時代の1636年に設置されたアメリカ最古の大学である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
implicit bias:暗黙の偏見
bias:偏見、先入観
reveal:見せる、公開する、明らかにする、暴露する、さらけ出す
racial prejudice:人種的偏見
prejudice:先入観、偏見、嫌悪感
test:試験、考査、検査、テスト
include:含める
weight:重さ、重量、体重
hold the belief that:という信念を抱く、意見を持つ、考えを抱く
belief:信念、確信、所信、意見、信条、信仰
hide:隠す
conscious awareness:自覚している意識
conscious:意識のある、意識している、自覚している
awareness:気付いていること、意識、認識
go through someone's mind:頭の中をよぎる、頭の中を駆け巡る、頭に浮かぶ
go through:通り抜ける、通行する、通過する、経験する、
consciously:意識して、自覚して、認識して
unconsciously:無意識に、知らず知らずに、自覚せずに
tend to:~しがちである、~する傾向がある
western world:西洋社会、西欧諸国
personal failure:個人的な失敗
moral:道徳上の、、良心の、分別の、精神的な、意志の、感情的な
例文moral weakness:意志の弱さ
fatness:太っていること、肥満
indicator:指標、尺度、指針、標識
laziness:怠惰
over-:限度を超えて、過度に、過剰に、超過
indulgence:耽溺、ふけること、放縦、気まま、意のままにすること、ほしいままにすること、無節制、道楽、甘やかし、意のままにさせること、欲しいままにさせること
lack of:~の欠如、不足、欠乏
moral fibre:道徳心、道義心
fibre:繊維、本質、力強さ、頑丈さ
unwillingness:気が進まないこと、不本意
例文unwillingness to change:変わる気がないこと、変化を嫌う姿勢
take hold of:牛耳る、制する、把握する、つかむ
例文take hold of destiny:運命を把握する
everyday:(ここでは)ありふれた、平凡な
例文everyday people:平凡な人々、市井の人、一般人
westerner:欧米人、西洋人
in general:一般に、概して、通例
personal attribute:個人的特質、人柄
attribute:特質、特性、性格
as a result:結果として、結果的に
be deserving of:に値する、を受けるべき
例文deserving of praise:称賛に値する
参考deserve criticism for:~との批判を受けても仕方がない
scorn:軽蔑、冷笑、軽蔑の的、嘲り
commonly-held:普通に抱かれた、一般に抱かれた、良く抱かれる、ありきたりな
be responsible for:~に対して責任がある、~の責任を負う
condition:状態、状況、様子、様相、健康状態、調子、病気、疾患
例文tip-top condition:最高のコンディション、万全の体調
lazy:怠惰な、無精な、ぐうたらな、怠け者の
greedy:欲張りの、貪欲な、がめつい、食い意地の張った
ability:力量、手腕、能力、才能
determination:決断力、意志の強さ、決断、決意
behave ethically:倫理的な振る舞いをする
behave:振る舞う、行動をする、態度を取る
ethically:倫理的に
with self-control:自制心を働かせて
self-control:自制心、自己制御、克己心
west:西方、西洋、西側諸国、自由主義圏
quality:本質、属性、資質、素養、人柄、性格
characteristic:特徴、特性、特質、特色、持ち味
feature:特徴、特性、特長、素性
fat people just are the way they are,:(訳に自信なし。文脈からの憶測)
way:習慣、方式、様式、癖、流儀
blame:非難する、とがめる、責める、~の責任にする、~のせいにする
例文blame no one but oneself:誰でもない自分の責任である
exercise:運動する、鍛える、訓練する
lead someone to:人を~に至らせる、人を~に導く、人に~させる
例文lead someone to ruin:人を破滅に追いやる
treat someone with scorn:鼻であしらう、冷たく当たる
treat someone with:人を~に扱う、人に~に接する、人を~に遇する
例文treat someone with little regard:人をぞんざいに扱う
strong feeling:強い感情、激しい感情
contempt:軽蔑、軽視、侮辱
disrespect:尊敬を欠くこと、軽視、無礼、軽んじる、バカにする、尊敬しない
In reality:実は、実際には
just about:大体、ほとんど、ほぼ、おおむね
individual choice:個人の選択
determine:決定する、確定する、断定する
environment:環境、周囲の状況、情勢
genetics:遺伝学、遺伝的特徴、遺伝子
up to:最大で、最高で
anyway:とにかく、何だかんだ言っても
under control:制御されて、規制されて、支配下で
feel like:~したい気がする、~のような気がする、どうやら~らしい
right way:正しい道、正しいやり方、最も効果的な方法
cause a problem:問題の原因となる、問題を引き起こす
maybe:もしかすると、ひょっとすると、ことによると、あるいは、~かもしれない
you can have (+that)(-a) second slice of cake:(音声との差異)
I don’t want to spoil my appetite for the quiz question:(訳に自信なし。'appetite'は「食欲」と「意欲」をかけているのかな?)
spoil someone's appetite:食欲を損なう
spoil:台無しにする、だめにする、悪くする、損なう
appetite:欲求、意欲、食欲
例文appetite for growth:成長への欲求
issue:話題、問題、問題点、論点、争点
affect:作用する、影響を与える、影響を及ぼす、侵す、襲う
alone:独力で、単独で
study:研究、調査
suggest:提案する、勧める、意味する、示す、示唆する、表している、暗示する
negative factor:否定的な要素、悲観的な要素、悪材料
link to:~と結ばれている、関係がある、関連している、つながりがある
Covid 19:2019年に発生した新型コロナウイルス感染症(しんがたコロナウイルスかんせんしょう、国際正式名称:COVID-19)は、SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) がヒトに感染することによって発症する気道感染症(ウイルス性の広義の風邪の一種)である。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Food for thought there,:(訳に自信なし。)
food for thought:思考の糧、考えるべきこと、考える材料
there:その点で、それは
recap=recapitulation:要約
starting with:~から初めて、~を初めとして、~に始まって
dangerously:危険なほど、危険なまでに
nowadays:最近は、今日では
consider:考える、考慮する、検討する、見なす
show one's feelings:感情を見せる
involve:含む
believe:信じる、確信する、思う、考える
correctly:正しく、正確に
That’s all:それがすべてだ、それで終わりだ、以上です、ただそれだけだ
based on:~に基づいて、~を根拠にして
race:人種、民族
sexuality:性的志向、性的区別、性的関心
search for:(ここでは)検索する
Harvard IAT:これのことかな
take a test:テストを受ける
topical:今話題の、時事の、時事ネタの
bye for now:またね、じゃあまた後で、次回お会いしましょう
p091ph0b
体重計の上限が130kgで日本と同じなのは、ちょっと意外かも。