AS IT IS
Explainer: How Are the Myanmar Protests Being Organized?
February 09, 2021


ミャンマーで続いているデモに関する記事。

Gatherings of more than five people were outlawed and curfews were put in place from 8 p.m. to 4 a.m. for areas of Yangon and Mandalay. Thousands of people have been demonstrating in those cities since Saturday.(5人以上の集会は非合法化され、またヤンゴンやマンダレーがある地域では外出禁止令が午後8時から午前4時まで導入されている。しかし土曜日以降、何千人もの人々がこれらの都市でデモを行っている。)

For the most part, the protests have grown without any clear leadership structure.(ほとんどの場合、抗議行動は明確なリーダーシップ構造なしに拡大している。)

One of the biggest problems for protesters has been the military’s attempts to block communications.(デモ参加者にとって最大の問題の1つは、軍が通信を遮断しようとしていることだ。)

Facebook has 22 million users in Myanmar, nearly 40 percent of the population. The government acted quickly to shut Facebook down. But people then began moving to other social media services like Twitter.(ミャンマー国内には2,200万人のFacebookユーザーがおり、人口の40%近くに相当している。政府はFacebookを閉鎖するために迅速に行動した。しかし人々はその後、Twitterのような他のソーシャルメディアサービスに移行し始めた。)

Last weekend, the military temporarily cut internet services and some phone service. But many protestors were quick to overcome those problems, with some using phones registered in neighboring Thailand.(先週末、軍は一時的にインターネットサービスと電話サービスの一部を遮断した。しかし、デモ参加者の多くはこうした問題もすぐに克服した。中には隣国のタイで登録した電話を使用する人もいた。)

へぇ、人口の4割がFacebookユーザーなんだ。
関連する日本語の報道を二つ紹介します。AFP-BBから、

BBC日本語版から、

116864708
116864710
若いデモ参加者は普通に英語が使えるんですね。



AS IT IS
How Glaciers Can Burst and Cause Flooding
February 08, 2021


インドで起きた、氷河の崩壊による洪水を伝える記事。

Indian rescuers searched on Monday for about 200 people missing after part of a Himalayan glacier broke away Sunday and caused major flooding.(インドの救助隊は月曜日に、ヒマラヤ山脈の氷河の一部が日曜日に崩れて大洪水を引き起こした後で行方不明となっている約200人を捜索した。)

The flooding happened when part of the Nanda Devi glacier broke off, releasing water trapped behind it. The burst sent floodwater toward power plants and villages in northern Uttarakhand state. The floods destroyed bridges and broke dams. Huge amounts of water, rock and building materials flowed down a mountain valley.(洪水が発生したのは、Nanda Devi氷河の一部が剥がれて、その背後に閉じ込められていた水が放出されたときだ。この噴出によって、ウッタラカンド州北部の発電所や村に洪水が押し寄せた。洪水は橋を破壊し、ダムを決壊させた。大量の水、岩、建築資材が山の谷を流れ落ちた。)

At least 26 people are confirmed dead.(少なくとも26人の死亡が確認されている。)

More than 2,000 military members, police officers and others have been taking part in search-and-rescue operations.(2,000人以上の軍人、警察官らが捜索救助活動に参加している。)

Most of the missing were people working on two hydroelectric power plants. The projects are part of government efforts to develop the mountainous areas of Uttarakhand state.(行方不明者のほとんどは、2箇所の水力発電所で働いていた人々だ。こうしたプロジェクトは、ウッタラカンド州の山岳地帯を開発している政府の取り組みの一環だ。)

Videos on social media show the muddy, gray floodwaters quickly flowing through a valley and into a dam, and breaking it into pieces before continuing downstream.(ソーシャルメディアの動画には、濁った灰色の洪水が谷を通って急激にダムに流れ込み、下流に進む前にダムを粉々に砕く様子が映し出されている。)

関連する日本語の報道を一つ紹介します。CNN.co.jpから、




EDUCATION
US Drops Case Against Yale for Racial Discrimination
February 06, 2021


アメリカの大学入学における人種差別問題に関する記事。

The U.S. Department of Justice withdrew a lawsuit last week against Yale University over how it accepts students. In October 2020, the department accused the school in New Haven, Connecticut of making it too hard for Asian-American and white American students to be accepted.(合衆国司法省は先週、イェール大学に対する学生の受け入れ方法を巡る訴訟を取り下げた。 同省は2020年10月に、コネチカット州ニューヘブンにある同校が、アジア系アメリカ人と白人アメリカ人の学生の入学を困難にしすぎているとして告訴していた。)

The case resulted from a legal action brought in 2016 by the Asian American Coalition for Education. The organization condemned the Justice Department’s sudden move on Wednesday, calling the dismissal “baseless.”(この裁判は、2016年にアジア系アメリカ人教育連合が起こした訴訟に由来している。同団体は水曜日の司法省の突然の動きを非難し、取り下げを「正当な理由がない」と評した。)

Colleges and universities in the U.S. say they make an effort to seek out and admit qualified students from different backgrounds. The decisions are not based on grades and test scores alone.(合衆国の各大学は、さまざまなバックグラウンドを持つ能力のある学生を探し出して入学させるよう努めていると述べている。その決定は成績やテストの得点だけに基づくものではない。)

In the Yale case, Asian American students said they were not being treated in a fair way. And, in a statement last August, the Department of Justice said Asian American and white students had “only one-tenth to one-fourth of the likelihood of admission” when compared to similar Black students.(イェール大学の訴訟では、アジア系アメリカ人の学生が自分たちは公平な待遇を受けていないと主張した。また司法省は昨年8月の声明で、アジア系アメリカ人と白人の学生は同様の黒人の学生と比較して、「入学できる可能性が4分の1から10分の1しかなかった」と発表した。)

Yale rejected this. The university’s president said it would not change its admissions policies. With the recent ruling, it will not have to change. A spokeswoman called the Justice Department’s decision “gratifying.”(イェール大はこれを否定した。同大学の学長は、入学方針は変更しないと述べた。今回の決定により変更する必要はない。広報担当者は司法省の決定を「満足のいくもの」と評した。)

Swan Lee is a co-founder of the Asian American Coalition for Education. She was angry about the decision. “It’s a setback in our fight against racial discrimination against Asian Americans in education,” she said.(Swan Leeは、アジア系アメリカ人教育連合の共同創設者だ。彼女はこの決定に腹を立てている。 「これは、教育におけるアジア系アメリカ人に対する人種差別との闘いの後退です」と彼女は述べている。)



AS IT IS
US Army Eases Restrictions on Hairstyles and Other Rules
February 06, 2021


米軍が兵士の服装や髪形に関する規則を緩和するという記事。

U.S. Army leaders have eased restrictions on a number of hairstyle and other personal appearance rules for soldiers.(合衆国陸軍の幹部は、兵士のいくつかの髪型やその他の身なりの規則に関する制限を緩和した。)

The new rules also will permit women soldiers to color their hair and wear it in styles such as braids and locks. They also will be permitted to wear earrings.(新しい規則では、女性兵士が髪を染めたり、髪を三つ編みやロックのスタイルに装うことも認められる。女性兵士はまた、イヤリングをつけることも許可される見通しだ。)

The changes come after longstanding objections to the former Army rules. Some of the opposition came from women who said they wanted the ability to wear their hair in ways that are naturally an important part of their racial identity.(今回の変更は、これまでの陸軍の規則に対する長年にわたる反発の末に行われた。反対意見の中には、人種的アイデンティティの重要な部分である髪の毛を自然な方法で装う能力が欲しいと主張する女性からのものもあった。:訳に自信なし。)

For men, however, the longstanding request by many soldiers to permit beards was not approved. The Army does permit beards for some medical and religious reasons. Also, male soldiers are still not permitted to wear earrings.(しかし男性は、あごひげを認めて欲しいという多くの兵士による長年の要望は承認されなかった。陸軍は、いくつかの医学的・宗教的理由ではあごひげを認めている。また、男性兵士がイヤリングをつけることはまだ許可されていない。)

The rules do permit women to wear lipstick and both men and women to wear nail polish. For men, however, the nail polish must be clear. Women can wear colored nail polish, but some colors are not permitted. Among them are purple, blue, black and “fire engine” red.(規則では、女性が口紅をつけることや、男性と女性の両方がマニキュアすることを許可している。ただし男性の場合、マニキュアは透明でなければならない。女性は色付きのマニキュアを塗ることができるが、一部の色は許可されていない。その中には、紫、青、黒、そして「消防車」の赤がある。)

関連する日本語の記事を一つ紹介します。BAZAARというサイトから、

男女で差があるんだなあ。



AS IT IS
'New Chance at Life:’ Man Gets Face, Hands in Rare Operation
February 05, 2021


顔と両手の移植手術を受けた男性についての記事。

A rare face and hands transplant changed Joe DiMeo’s life six months ago. A transplant is a medical operation in which an organ or body part is removed from one person and attached to another person.(稀に見る顔と両手の移植が、6か月前にJoe DiMeoの人生を変えた。移植とは、ある人から臓器や体の一部を取り出して別の人に取り付ける医療手術のことだ。)

DiMeo is 22 years old and comes from the state of New Jersey. He had the operation last August. He received the new face and hands two years after being badly burned in a car crash.(DiMeoは22歳でニュージャージー州出身だ。彼が手術を受けたのは昨年の8月で、自動車事故で大やけどを負った2年後に新しい顔と手を受け取った。)

Today, he is relearning how to do simple movements. He works on smiling and opening and closing his eyes. With his new hands, he is relearning actions like squeezing and pinching.(現在、彼は簡単な動きを行う方法を再び学んでいるところだ。彼は微笑んだり目を開けたり閉じたりすることに取り組んでいる。また新しい手で握ったりつまんだりするような動作を再学習している。)

Worldwide, surgeons have completed at least 18 face transplants and 35 hand transplants. Those numbers come from the United Network for Organ Sharing, which oversees the U.S. transplant system. But it is extremely rare to get a face and double hand transplant at the same time. The operation had only been tried two times before.(世界全体では、外科医は少なくとも18例の顔面移植と35例の手の移植を行っている。これらの件数は、合衆国の移植制度を監督している全米臓器配分ネットワークからもたらされたものだ。しかし、顔と両手の移植を同時に行うことは極めて稀だ。この手術はこれまでに2回しか試みられたことがない。)

The first attempt was in 2009 on a patient in Paris, France. That patient died one month later from problems related to the surgery. Two years later, doctors in Boston, Massachusetts, attempted the operation on a woman who had been attacked by a chimpanzee. Days later, doctors had to remove the hands.(最初の試みが行われたのは2009年で、フランスのパリの患者に対してだ。その患者は、この外科処置に関連する問題で1か月後に死亡した。その2年後にマサチューセッツ州ボストンの医師が、チンパンジーに襲われた女性にこの手術を試みた。だが数日後、医師は手を切り離さなければなかった。)



HEALTH & LIFESTYLE
Chinese Scientists Develop Gene Therapy Which Could Delay Aging
February 04, 2021


遺伝子治療でマウスの寿命が延びたという実験に関する記事。

Scientists in Beijing, China have developed a new gene therapy that can turn back some of the effects of aging in mice. The therapy also extended their lives. This may one day help humans as well.(中国の北京の科学者は、マウスの老化作用の一部を逆戻りさせることができる新しい遺伝子治療を開発した。この治療はまたマウスの寿命を延ばした。これはいつの日か人間にも役立つかもしれない。)

The gene therapy involved disabling a gene called kat7. Scientists have found this gene to be the main cause of aging in cells.(この遺伝子治療には、kat7と呼ばれる遺伝子の無効化が関わっている。科学者は、この遺伝子が細胞の老化の主な原因であることを発見した。)

Qu Jing of the Institute of Zoology at the Chinese Academy of Sciences, or CAS, is one of the supervisors of the project. After six to eight months, Qu said, the mice showed an overall improvement in their appearance and grip strength. More importantly, she added, “they have (an) extended lifespan (of) about 25 percent.”(中国科学院(CAS)動物学研究所のQu Jingは、当プロジェクトの監督者の1人だ。 Quによると、6ヶ月から8ヶ月後にマウスの外見や握力に全体的な改善が見られた。さらに重要なことに、「マウスは約25パーセント寿命を延ばしました」と彼女は付け加えた。)

Qu said they tested the working of kat7 gene in different kinds of cell types, including human stem cells, human liver cells and mice liver cells. For all those cells, the researchers could not find any cellular toxicity. “And for the mice, she added, “we also didn’t see any side-effects yet.”(Quは、さまざまな種類の細胞型でkat7遺伝子の機能を試験したと述べている。例えばヒト幹細胞、ヒト肝細胞、そしてマウス肝細胞などだ。これらすべての細胞で研究者はいかなる細胞毒性を見つけることができなかった。 「そしてマウスについては、どんな副作用も今のところ確認されていません」と彼女は付け加えた。)

Qu said she hopes to be able to test the method on primates next. But that would require a lot of money and much more research first.(Quによれば、彼女の希望は次は霊長類でこの手法を実験できることだ。しかし、それにはまず、多額の資金ともっと多くの研究が必要になるだろう。)



AS IT IS
Hungarian Family Sails around the World during Pandemic
February 03, 2021


ヨットで世界旅行をしているハンガリー人家族を紹介する記事。

A Hungarian family of four is sailing around the world on a 15-meter boat called “Teatime.”(ハンガリーの4人家族が、「ティータイム」いう名の15メートルの船で世界中を航海している。)

In late June 2020, they left a port in Croatia and started sailing around Italy and Spain. They next stopped on the island of Cape Verde before crossing the Atlantic Ocean.(2020年6月下旬、彼らはクロアチアの港を出港し、イタリアとスペインを船で巡り始めた。その次に彼らは大西洋を横断する前にカーボベルデの島に立ち寄った。)

The family spent the Christmas holiday in the French territory of Martinique. They were recently in Marigot, on the Caribbean island of St. Martin. They expect to sail towards the Panama Canal next.(家族はクリスマス休暇をフランス領のマルティニークで過ごした。彼らは最近まで、カリブ海のセント・マーチン島にあるマリゴにいた。次はパナマ運河を目指して航海する予定だ。)

They follow the changes in coronavirus rules in each country and take a test or go into quarantine when required.(彼らは各国のコロナウイルス規則の変更に従い、必要な場合には検査を受けるか、検疫に入る。)

“When we arrived in Martinique...we told authorities that we just spent 16 days on the open seas and they accepted that as quarantine,” Domonkos said.(「マルティニーク島に到着したとき...私たちは外洋で16日間過ごしたばかりですと当局に話しました。彼らはそれを検疫として認めてくれました」とDomonkosは話している。)

They have enough food for a month. The six- and eight-year old daughters love watching their parents catch fish, such as tuna or mahi mahi.(彼らは1ヶ月分に十分な食料を持っている。 6歳と8歳の娘は、両親がマグロやマヒマヒといった魚を釣るのを見るのが大好きだ。)

以下、ギャラリー用写真
C032BDCF-2
d0616271-2
ECB48E32-2
CDB90FB7-2
50F10464-2
558F5425-2
C3889549-2